1007SaudiArabia2_getty
【写真:Getty Images】



 日本代表はカタールワールドカップアジア最終予選でサウジアラビア代表と対戦する。サウジアラビアのジッダにあるキング・アブドゥッラー・スポーツシティで行われる一戦は、日本時間8日午前2時(7日26時)のキックオフが予定されている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 日本代表と同様に2次予選からアジア予選に参加しているサウジアラビア代表は、ここまで無敗を継続している。2次予選では初戦でイエメン代表と2-2、第3戦でパレスチナ代表と0-0で引き分けたが、それ以外は6戦全勝。グループ首位で3次予選進出を決めている。

 3次予選では日本代表と同組となった。ホームで行われたベトナム代表との初戦では開始3分で先制を許すまさかの展開に。0-1で前半を終えたが、ベトナム代表が自陣ペナルティーエリア内でハンドを犯し、サウジアラビア代表がPKを成功させて追いついた。

 退場処分で1人少なくなった相手に対し、ヤシル・アル・シャハラニがクロスを頭で合わせて逆転ゴールを決める。さらに、先制のPKを決めたサーレム・アル・ドサリがペナルティーエリアでファウルをもらい、再びPKを獲得。サレハ・アル・シェハリがこれを決めて3-1に。波乱の立ち上がりとなったが、最終的には勝ち点3を手にしている。

 第2戦では、初戦で日本代表を倒したオマーン代表と対戦した。42分にサレハ・アル・シェハリの2試合連続ゴールで先制すると、スコアはそのまま動かず。サウジアラビア代表は最終予選2連勝を飾り、得失点差で上回るオーストラリア代表に次ぐ2位につけている。

 1勝1敗スタートと厳しい船出となった日本代表だが、サウジアラビア代表に勝利すれば、本大会出場の有力候補であるサウジアラビア代表と勝ち点で並ぶ。果たして、運命の一戦はどのような結果となるのか。

【了】

新着記事

↑top