1007Al-Shehri_getty
【写真:Getty Images】



 日本代表はカタールワールドカップアジア最終予選でサウジアラビア代表と対戦する。最終予選で連勝スタートを切ったサウジアラビア代表は、強力な攻撃陣を擁す手強いチームだ。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 攻撃陣のキーマンとなるのがサレハ・アル・シェハリだ。184cmという長身を持つFWは、10月に行われた最終予選2試合でともにゴールを決めている。日本代表戦でも1トップに入ることが予想され、得点源としての活躍が期待されている。

 今ではサウジアラビア代表の主力に定着した感のあるアル・シェハリだが、代表デビューからはまだ1年も経っていない。20年11月のジャマイカ代表戦で初出場を果たすと、この試合でいきなりゴールを決めた。再開されたアジア2次予選では4試合で3得点と結果を残し、不可欠な存在であることを証明している。

 最終予選初戦となったベトナム代表戦では、試合を決定づける3点目をPKで決めている。続くオマーン代表戦では決勝点となるゴールを奪う。左サイドからのクロスを味方が落とすと、ゴール前に走りこんで強烈なシュートを叩き込んだ。

 代表デビューから1年足らずで、アル・シェハリは6ゴールを記録している。波に乗る27歳のストライカーは、日本代表にとって厄介な存在になるに違いない。

【了】

新着記事

↑top