日本代表監督解任論渦巻くも「進退は考えなかった」。田嶋幸三会長も信頼強調「森保監督、チーム全体が更に力を付けていくはず」【W杯アジア最終予選】

2021年10月13日(Wed)11時46分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

森保一
【写真:Getty Images】



 日本代表は12日、カタールワールドカップのアジア最終予選でオーストラリア代表に2-1の勝利を収めた。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 7日のサウジアラビア代表戦に敗れ、アジア最終予選は1勝2敗に。早くもワールドカップ出場に黄色信号が灯り、一部メディアではオーストラリア戦の結果しだいで森保一監督解任とも報じられていた。

 チームにとっても監督にとっても後がない状況で重要な勝ち点3をもぎ取り、日本代表はワールドカップ出場権獲得に望みをつないだ。その試合後、自身の去就問題について問われた森保監督は「進退に関しては、特に今日の試合だけでかかっているとは思っていません」と答えた。そして、こう続ける。

「代表の監督に就任してから、毎試合毎試合、試合後には監督としての道が続くのか、終わるのかという岐路に立っていると思っていますので、今日の試合で特別に自分の進退について考えることはなかったです」

 日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長もオーストラリア戦後にコメントを発信し「この予選の中で一番良い試合をしてくれたが、チーム全員が分かっているとおり、それでもワールドカップ予選の試合に勝つことは簡単ではない」と述べたうえで、「このプレッシャーの中で戦った選手、森保監督、チーム全体が更に力を付けていくはずだ」と指揮官への信頼を改めて強調した。

「アウェイのベトナム戦、オマーン戦と簡単な試合はなく、11月も難しい試合が続く。集合してすぐに試合をしなければならず、選手一人ひとりが自分のチームで活動している時から、しっかりと準備をしていくことが重要になる。今日の勝利に一喜一憂せず、残りの6試合でしっかりと勝ち点を積み重ね、最後にワールドカップのチケットを取れるように全員で進んでいきたい」(田嶋会長)

 森保監督は試合を終えてから、ゴール裏スタンドに向かってマイクを使わず地声で直接感謝を述べた。

「まずは『今日の試合の応援ありがとうございました』ということを、サポーターの皆さんに叫ばせていただきました。今日このホームの戦いで、スタジアムに入る前からサポーターの皆さんが出迎えて選手を勇気づけてくれましたし、本当に厳しい戦いでしたけど、最後の最後まで選手が勇気を持って踏ん張って戦えたのは、サポーターの皆さんの後押しがあってこそだと思いましたので、そのお礼を伝えました。最後には『これからワールドカップの出場権をつかみ取るために厳しい戦いがまだまだ続きますので、一緒に戦ってください。そしてカタールワールドカップに一緒に行きましょう』という話をさせていただきました」(森保監督)

 記者会見で全ての質問に答え終えたあと、森保監督は自ら口を開き「メディアの皆さんも、今日も本当に共闘していただいたと思いますので、本当に日本サッカーチームすべての人の勝利だと思っています。ありがとうございました。これからも一緒に戦っていきましょう。よろしくお願いします」と取材陣にも感謝して締めた。

 試合前の国歌斉唱時に感極まって涙を流した指揮官が、オーストラリア戦にかける気持ちは相当なものだったはず。そして、勝利という結果をつかみ取ることができて別格の安堵があったのだろう。ただ、崖っぷちな状況は変わらない。11月のベトナム代表戦とオマーン代表戦、厳しい展開が予想されるアウェイ2連戦で再び日本代表と森保監督の真価が問われることになる。

(取材・文:舩木渉)

【了】

新着記事

↑top