本田圭佑が加入したクラブはどんな状況? その順位は? 獲得の意図を読む【フットボーラー独学術・後編】

2021年10月19日(Tue)9時00分配信

text by 柴村直弥 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

 本田圭佑は今年9月にリトアニアのクラブ・スドヴァに流れ着いた。バスケットボールの強国として知られているが、サッカーの実力を知る日本人は少ないはずだ。10月18日に初の著書『フットボーラー独学術』を上梓し、隣国ラトビアでプレー経験のある柴村直弥氏が、リトアニアのレベル、本田圭佑の獲得理由などを前後編で解説する。今回は後編。(文:柴村直弥)


W杯の大舞台で3大会連続ゴール。その力が必要な理由は?

1019Suduva_getty
【写真:Getty Images】

 そのような中、本田圭佑選手が加入したスドゥヴァは、現在暫定首位に立ってはいますが、昨年のリーグ覇者であり今季も優勝を争っているジャルギリスとの対戦をまだ2回残しています。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 今季のジャルギリスとのリーグ戦での対戦成績は1勝1敗ですが、勝利した試合は4月16日の第1戦でその後の6月11日の第2戦では0対2で敗戦。さらに、9月22日に行われたカップ戦でもPK戦の末に敗れており、直近2試合では2連敗している状況です。

現在暫定首位に立つスドゥヴァ(2位のジャルギリスは試合数が2試合少ないため勝ち点6差であり、他チームとの対戦を両チームとも落とさないと仮定すると勝ち点で並んでいるような状況)が今季リーグ優勝するには、残り2試合あるジャルギリスとの対戦が最も重要な試合となることは明白です。

 そのような状況だけに、本田圭佑選手の獲得は、直近の対戦成績がよくない優勝争いをしているジャルギリスとの2試合に向け、戦力の積み上げを図ったという意味合いが強いと思います。

 W杯の大舞台で3大会連続ゴール、アシストを記録するなど、大一番で結果を出してきた本田圭佑選手にかかる期待はやはり大きく、10月27日と11月3日に行われるジャルギリスとの2試合がスドゥヴァの行方を大きく左右する試合になるでしょう。

(文:柴村直弥)

『フットボーラー独学術 生きる力を自ら養う技法』

≪書籍概要≫
定価:1870円(本体1700円+税)
発売:2021年10月18日
著者:柴村直弥

 著者の柴村直弥は小学生の頃から自ら学ぶことを習慣化し、プロサッカー選手への道を切り開いていった。

 選手としてそこまで特徴があったわけではなかったにもかかわらず、UEFAヨーロッパリーグ、AFCアジアチャンピオンズリーグ出場を果たせたのは、語学などサッカースキル以外の「学ぶ技法を学ぶ術」を持っていたからだ。

 本書ではサッカー業界の様々な仕組み、流れを紹介しながら、サッカー選手として、そして引退後、社会で生きていくための技法を公開する。

詳細はこちらから

【了】

新着記事

↑top