PSG、CL頂点の近道はメッシとムバッペを…。“予言通り”のパターン、逆転勝利につながった迅速な対処とは?【欧州CL分析コラム】

2021年10月20日(Wed)12時49分配信

シリーズ:分析コラム
text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節、パリ・サンジェルマン(PSG)対RBライプツィヒが現地時間19日に行われ、3-2でPSGが勝利を収めた。一時はリードを許したものの、それもマウリシオ・ポチェッティーノ監督の想定内だったのだろうか。試合中の修正が功を奏し、2点を奪って逆転に成功している。(文:本田千尋)


PSG指揮官が警戒していたのは…

1020MessiMbappe_getty
【写真:Getty Images】

 アルゼンチン人指揮官の予言通りの試合展開となった。

 現地時間10月19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループA第3節。対RBライプツィヒ戦に向けた会見で、マウリシオ・ポチェッティーノ監督は、次のように述べていた。

「特定の状況から抜け出し、ライプツィヒのカウンターアタックに注意するために、私たちはインテリジェントにボールを動かさなければならない。そのカウンターは我々にダメージを与える可能性がある。我々はカウンターを仕掛けることもできるが、ゲームを支配するポゼッションも重要になるだろう。ポゼッションが失われた時に何が起こるかによってこの試合は決まるだろう」

 [4-3-3]の布陣でスタートしたパリ・サンジェルマンは、9分にキリアン・ムバッペがゴールを奪って先制。ポチェッティーノ監督が「我々はカウンターを仕掛けることもできる」と語っていたように、自陣ボックス近辺のロングカウンターからフランス代表FWが決め切った。しかしその後、28分にアンドレ・シウバ、57分にノルディ・ムキエレに決められ、ライプツィヒに逆転を許してしまう。

 この2つの失点は、“同じパターン”によるものだった。自陣でボールを失った後、逆サイドに大きく展開され、4バックの脇からファーに入れられたボールを、28分はシウバに、57分はムキエレに合わせられて失点。ポチェッティーノ監督が「ライプツィヒのカウンターアタックに注意する」と警戒していたにもかかわらず、「ポゼッションが失われた時に何が起こるかによってこの試合は決まる」と話していたように、ボールを失った時に適切な守備をすることができなかった。

 PSGは、いわゆる“切り替え”に長けたライプツィヒの狙い通りの形でゴールを奪われてしまった。

 そもそもムバッペのゴールで先制に成功はしたものの、逆転される予兆はあった。

1 2 3

新着記事

↑top