Home » サッカー最新ニュース » コンテ新監督のトッテナムは大荒れの試合を制す!LASK中村敬斗が2ゴール【4日結果まとめ/ECL】
1104spurs_getty
【写真:Getty Images】


 UEFAヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)のグループステージ第4節が現地時間4日に各地で開催された。トッテナムはホームにフィテッセを迎え、ローマはホームでボデ/グリムトと対戦した。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


コンテ新監督の初陣となった一戦は退場者が3人も出る大荒れの展開となった。15分にソン・フンミン、22分にルーカス・モウラ、28分にはオウンゴールで3点リードするも、その後立て続けに2ゴールを奪われる。後半にはクリスティアン・ロメロが2枚目のイエローで退場となり、フィテッセも2選手が退場となるも3-2でトッテナムが勝利した。

 グループAのHJKはマッカビ・テルアビブに0-3で敗戦した。中村敬斗所属のLASKはアラシュケルト対戦。先発出場した中村は12分と87分にゴールをあげ、2-0で勝利した。グループBのヘントはパルチザンと1-1で引き分けた。フローラ対アノルトシスは2-2だった。

 グループCのローマは首位のボデ/グリムトと対戦し、前半終了間際に失点するも54分にエル・シャーラウィのゴールで同点にする。その後、両チームは1点ずつを奪い合い、2-2の引き分けとなった。ゾリャ・ルハーンシクはCSKAソフィアに2-0で勝利した。

 グループDのAZはホームでCFRクルージュと対戦し、2-0で勝利し首位をキープしている。菅原由勢はフル出場した。同組のヤブロネツイ対ラナースは2-2だった。グループEのフェイエノールトは原口元気が所属するウニオン・ベルリンと敵地で対戦。2-1で勝利した。原口はフル出場した。スラヴィア・プラハ対マッカビ・ハイファは1-0だった。

 グループFのPAOKはコペンハーゲンに1-2で敗戦した。香川真司は登録外だった。同組のスロヴァンはリンカーンと対戦し4-1で勝利した。グループGのレンヌはムラに1-0で勝利を収めた。

 グループGのバーゼルはオモニアと敵地で対戦し1-1の引き分けに終わった。同組のカイラトはホームにカラバフを迎えるも1-2で敗戦となった。

【結果一覧】
マッカビ・テルアビブ 3-0 HJK
LASK 2-0 アラシュケルト
フローラ 2-2 アノルトシス
ヘント 1-1 パルチザン
ローマ 2-2 ボデ/グリムト
ゾリャ・ルハーンシク 2-0 CSKAソフィア
ラナース 2-2 ヤブロネツイ
AZ 2-0 CFRクルージュ
ウニオン・ベルリン 1-2 フェイエノールト
スラヴィア・プラハ 1-0 マッカビ・ハイファ
PAOK 1-2 コペンハーゲン
リンカーン・シティ 1-4 スロヴァン
トッテナム 3-2 フィテッセ
レンヌ 1-0 ムラ
カイラト 1-2 カラバフ 
オモニア 1-1 バーゼル

【了】

新着記事

↑top