LASK

1025doan_getty

PSV・堂安律が思い描く「トップ下」とは? 「頼り過ぎた」後悔と自らに課した打開策

UEFAヨーロッパリーグ(EL)グループリーグF組第3節、PSV対LASKの試合が現地時間24日に行われ、試合はスコアレスドローに終わった。MF堂安律はこの試合に先発して74分までプレーしたが、得点には絡めず。日本代表MFは試合後、チームが攻めあぐねた理由と、自身の役割について語っている。(取材・文:本田千尋【アイントホーフェン】)

新着記事

↑top