Home » 海外サッカー » リバプールがまさかの黒星。遠藤航は無念の前半交代。三笘薫はフル出場【9日EL結果まとめ】

UEFAヨーロッパリーグ(欧州EL)最新ニュース


【写真:Getty Images】



堂安律が途中出場から追加点をあげる

UEFAヨーロッパリーグ(欧州EL)グループステージの16試合が現地時間9日に行われた。遠藤航が所属するリバプールはトゥールーズと対戦し、三笘薫が所属するブライトンは敵地でアヤックスと対戦した。サッカー日本代表に復帰した堂安律が所属するフライブルクはホームにバーチュカ・トポラを迎えた。



【欧州CL・ELを観るならWOWOW!
加入月は視聴料が無料。TV・PC・アプリで視聴可能】[PR]


 グループAのフライブルクは24分、マーリン・ロールのゴールで先制する。後半に入ってもフライブルクは3点をあげ、さらに後半アディショナルタイムには堂安律にもゴールが生まれ、5-0でバーチュカ・トポラに大勝した。堂安律は70分から途中出場した。同組のウェストハム対オリンピアコスは1-0だった。グループBのブライトンは14分、アンス・ファティのゴールで先制に成功する。53分にはシモン・アディングラが追加点を決めて2-0でアヤックスに勝利した。三笘薫はフル出場した。同組のAEK対マルセイユは0-2だった。

 グループCのベティス対アリス・リマソールは4-1だった。同組のレンジャーズはスパルタ・プラハと対戦し2-1で勝利した。グループDのスポルティングは14分にペドロ・ゴンサウヴェスがPKを決める。52分にもゴンサウヴェスがPKを再び決める。71分に失点するもスポルティングは2-1でラクフ・チェンストホヴァに勝利した。守田英正はベンチ入りしなかった。同組のアタランタ対シュトゥルム・グラーツは1-0だった。

 グループEのリバプールは36分、アーロン・ドヌムに先制点を許す。58分にもタイス・ダリンガに決められて失点するが、73分にオウンゴールで1点差とする。しかし、76分にフランク・マグリに追加点を決められる。89分にディオゴ・ジョッタのゴールで1点を返すが、リバプールは2-3でトゥールーズに敗れた。遠藤航は46分までプレーした。同組のLASK対ユニオン・サン=ジロワーズは3-0だった。

 グループFのビジャレアルは敵地でマッカビ・ハイファと対戦し2-1で勝利した。同組のレンヌは前半で退場者を出すも3-1でパナシナイコスに勝利した。グループGのローマは敵地でスラヴィア・プラハと対戦し0-2で敗れた。同組のセルヴィット対シェリフは2-1だった。グループHのレバークーゼンは後半アディショナルタイムにヴィクター・ボニフェイスがPKを決めて1-0でカラバフに勝利した。同組のヘッケン対モルデは1-3だった。


【関連記事】
【グループリーグ順位表】UEFAヨーロッパリーグ23/24
【結果一覧】欧州CL&EL日本人の成績・結果は?
【全試合日程・結果・放送予定一覧】UEFAヨーロッパリーグ23/24

【了】

新着記事

↑top