三笘薫「すごくやりやすかった」。サッカー日本代表の決勝アシストは「点を取るシチュエーションだった」【W杯アジア最終予選】

2021年11月17日(Wed)8時30分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

2021-11-17-mitoma_getty

【写真:Getty Images】



 FIFAワールドカップカタール2022・アジア最終予選グループB第6節のオマーン代表対日本代表戦が現地時間16日に行われ、日本代表がアウェイで1-0の勝利を収めた。この試合が代表デビューとなった三笘薫は、伊東純也の決勝ゴールをアシストしている。

【日本代表 W杯最終予選はDAZNで全試合生中継!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 アウェイの日本代表は前半、なかなか攻撃の形を作ることができず。状況の打開を図る日本代表は、後半頭から三笘を投入した。緊張感のある試合で代表デビューを果たした三笘は、後半立ち上がりから積極的にドリブルで打開を試みる。すると、81分にペナルティーエリア内から三笘が入れたクロスを、伊東がゴールに押し込んだ。

 これが決勝点となり、日本代表は貴重な勝ち点3を掴んだ。殊勲の活躍を見せた三笘は、「(中山)雄太君が素晴らしいボールをくれたので、前にスペースありましたし、中にクロス上げれば何か起こるんじゃないかなと思って上げました」とゴールシーンを振り返った。

「今日の試合はサイドにスペースがありましたし、点を取るシチュエーションだったので、すごくやりやすかったです」。三笘は攻撃が停滞していた前半をこう分析しており、それが投入された後半に生かされた。今夏加入したベルギーのロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズではハットトリックを達成するなど、センセーショナルな活躍を見せている。満を持してデビューを果たした日本代表でも、その力を見せつけることとなった。

1 2

新着記事

↑top