フットボールチャンネル

フォーカス 3年前

恐るべし…! オランダ代表、伝説の怪物5人。クライファート、セードルフ、スナイデル、そして…恐るべき傑物たち

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

この男がいるから、チームは欧州を制する

セードルフ
【写真:Getty Images】



MF:クラレンス・セードルフ(ACミラン/オランダ代表)
生年月日1976年4月1日(当時30歳)
06/07シーズンリーグ戦成績:32試合7得点1アシスト
オランダ代表通算87試合11得点
オランダ代表での主な出場大会:UEFA EURO 96、1998年FIFAワールドカップ・フランス大会、UEFA EURO 2000、UEFA EURO 2004

 欧州を制するクラブに、この男あり。アヤックス、レアル・マドリード、ACミランという「異なる3つのクラブでUEFAチャンピオンズリーグを制する」という偉業を達成した世界で唯一の男がクラレンス・セードルフである。

 基本データの対象は、自身最後の欧州制覇となったACミランでの06/07シーズンである。ミランを王者に導いた献身的なプレーは、バロンドールに輝いたカカー以上に高く評価する声もあるほどだった。

 能力値を見ると、全ての項目で70以上を記録しており、弱点のない数値となっている。その中で最高値は「IQ」。まさに“サッカーを知っている“選手といえる数値となった。

 そして、これこそが3つのクラブで欧州を制することができた理由だろう。全てにおいて世界レベルであり、勝利のために何をすればいいのかを熟知している。セードルフという選手がいるだけでチームは無類の強さを手に入れることができる。

1 2 3 4 5

KANZENからのお知らせ

scroll top