荒木遼太郎
【写真:Getty Images】



 日本サッカー協会は7日、来月21日に行われるキリンチャレンジカップ2022のウズベキスタン代表戦に向けた日本代表メンバーを発表した。

【日本代表 W杯最終予選はDAZNで全試合生中継!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 国内組のみの22人を招集ということで、フレッシュな顔ぶれが揃った。日本代表初招集となったのはセレッソ大阪所属のDF西尾隆矢とDF瀬古歩夢、鹿島アントラーズ所属のMF荒木遼太郎、そして北海道コンサドーレ札幌所属のFW小柏剛の4人だ。

 森保一監督は、彼らも含めたA代表経験の浅い選手たちに「代表の活動に慣れて欲しい」「今後の成長につなげ、代表の戦力になってほしい」という思いが、「両方ともあります」と語った。

 最近の日本代表では海外組の選手たちが中心となり、国内組で主力を担っているのはDF長友佑都やDF酒井宏樹、FW大迫勇也といった欧州から復帰した選手たちばかり。Jリーグでプレーしている選手たちに与えられるチャンスは極めて少なくなっている。

 それでも「序列はあるが、絶対ではない」と話してきた森保監督は「選手たちの生き残りは、選手たち自身のパフォーマンスにかかっている」と強調した。

 あくまで「これまでの活動を基本に見ていきたい」という姿勢に変わりはないが、「序列を崩すという意味では、経験の浅い選手たちが十分に割って入ることはあると思います」と代表経験の浅い国内組の選手たちに期待を寄せた。

「練習する時間はたっぷりありますので、練習でパフォーマンスを見せてもらえれば、試合出場は自分自身で掴み取ってもらえると考えています」

 荒木や瀬古、西尾、小柏をはじめとした日本代表の新参組は「個で局面を打開できる力を持っている選手たちなので、個の力を思い切って発揮してもらいたいと思います」と森保監督は語る。

 ウズベキスタン戦でアピールし、その後に再開するカタールワールドカップのアジア最終予選の中国代表戦やサウジアラビア代表戦に向けて生き残れる選手たちは出てくるのか。狭き門になっている日本代表定着への道を切り拓く、国内組のブレイクスルーに期待したい。

(取材・文:舩木渉)

【了】

新着記事

↑top