谷口彰悟
【写真:Getty Images】



 日本代表は千葉県内で国内組の選手を集めた候補合宿を行っている。

【日本代表 W杯最終予選はDAZNで全試合生中継!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 連日強度の高い練習が続く中、シーズン中と変わらないクオリティで安定したパフォーマンスを披露しているのは、やはい経験豊富な選手たちだ。そのうちの1人、DF谷口彰悟はチャンスに飢えている。

「チャンスではあるのは間違いないので、そこの座を狙ってますし、その(チャンスをつかむ)ためには毎回の練習、ワンプレー、ワンプレーが勝負になってきますし、そういった気持ちで今回の合宿も臨んでいます。自分も戦える、できるよというのを普段から示さないとピッチには立てないというくらいの意識でやっています」

 国内組のみの合宿の後は27日に予定されているカタールワールドカップのアジア最終予選・中国代表戦に向けた準備がスタートする。そこには海外組も合流してくるが、それでも谷口が「チャンス」と感じるのには理由がある。

 日本代表にとっては大きな痛手だが、来週からの合宿にキャプテンのDF吉田麻也が参加できないのである。所属クラブの試合で負傷した同選手の招集が不可能であることは、すでに森保一監督も明言している。

 吉田が不在であれば、他の選手が空いたポジションを埋めなければならない。センターバックの谷口はワールドカップの最終予選でプレーするチャンスをうかがいつつ「その時に結果としてチームが勝たないといけないし、チームとしてきちんとしたパフォーマンスを発揮しないと次はないと思っている」と述べる。

 そのうえで「とにかくこのチャンスをモノにしたい、『自分もできる』というのをアピールしたいし、結果として証明したい。本当にそこしか考えていない」と“欲”を隠さない。

「目の前の試合、今回で言ったら中国戦と(2月1日の)サウジアラビア戦の2試合を代表チームとしてしっかり連勝することしか考えていないですし、その中で自分がチャンスをもらえたのであれば、持てる力を全て出し切りたい。

目の前の試合にコツコツしっかり集中して戦っていかないと先はないと思いますし、ワールドカップという大きな目標に向かって動いて、そこに立つことを考えると、まずは目の前の試合をしっかり戦っていかないことには始まらない。とにかく常にいい準備をすることは変わらずやっていきたいと思います」

 Jリーグ王者の川崎フロンターレでキャプテンを務める谷口は、後方からのビルドアップ参加やボールを前進させるための正確な縦パス、危険なスペースを察知しての的確なカバーリングなどを武器にしている。もちろんピッチ内外でのリーダーシップも特筆すべき点だ。それらをフルに発揮してこそ、日本代表の重要な公式戦でプレーするチャンスを得られるというのも十分に理解している。

「守備の部分では周りを動かすところとか、バランス含めて、誰がどう(プレスに)行くのかを頭の中で整理できているので、そこをうまく周りに伝えること。あとは個々のバトルにはきちんとこだわっているので、そういうところを見せていければいいと思っています。

ビルドアップのところでは速く攻めるのか、ゆっくり持ちながら攻めるのかの判断っはセンターバックがやっていかないといけない状況になってきているので、率先してやりたいし、やれる自信はある。ビルドアップの際、縦につけるパスだとか、(相手の)スキを逃さないところは自分の持ち味でもあるので、そういったところはどんどん発揮していきたいと思っています」

 チームの中でやらなければならないことと、それをこなしたうえで個々の特徴を発揮すべきところの整理はできている。それらを練習の中で発揮して、人事を尽くして天命を待つ。吉田不在の穴を埋める準備は万端だ。

(取材・文:舩木渉)

【了】

新着記事

↑top