森保一

2022-01-27-moriyasu_TNK
【写真:Getty Images】



【日本 2-0 中国 2022年カタールW杯アジア最終予選】

 カタールワールドカップアジア最終予選の日本代表対中国代表が27日に行われ、日本代表が2-0で勝利を収めた。森保一監督が試合を振り返ってコメントしている。

【日本代表 W杯最終予選はDAZNで全試合生中継!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 グループ2位以内を守ってワールドカップへのストレートインを決めるためには何としても勝ち点6が欲しい2連戦の第1戦。前半に相手のハンドで獲得したPKを大迫勇也が決めて先制した日本は、後半にも伊東純也のヘディング弾で追加点を奪い、4連勝で予選突破へ一歩前進した。

 森保監督は、試合に向けた準備が最も難しい部分であり重要でもあったと強調。「国内組がオフ明けで、海外組と合流しても計2回の練習で、どうやってチームとしてコンディションを合わせるか。非常に難しかったところですけど、選手たちがしっかり準備してくれて、短い時間の中でも頭を切り替えて代表モードにしてくれました」

 吉田麻也と冨安健洋の不動のレギュラー2人を欠いて不安材料となっていたCBには谷口彰悟と板倉滉が起用され、中国を完封することに成功した。「日本にはたくさん良い選手がいることを、これまでの活動の中で谷口も板倉も見せてくれていました。今日は自信を持って、トレーニングの中での彼らの調子の良さを見て起用を決めました」と指揮官は人選について説明している。

「勝ち続けなければならないチームで、非常に厳しい中でやっている経験が今日生きたと思います。2人とも川崎(フロンターレ)出身なので息も合っていると思いました」と監督は谷口と板倉に賛辞を送っている。

 5日後にはグループ首位のサウジアラビア代表と激突する。「今日の試合を分析して、成果と課題を踏まえた上で、より良いコンディションで臨めるように。チームとして良い絵を描きながら準備していきたいと思います」と森保監督は意気込みを示した。

【了】

新着記事

↑top