「相手は嫌がっていた」サッカー日本代表CBが明かした狙いと手応え。吉田麻也、冨安健洋不在も中国を完封【W杯アジア最終予選】

2022年01月28日(Fri)8時00分配信

photo Shinya Tanaka
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

2022-01-27-taniguchi_TNk
【写真:田中伸弥】



【日本 2-0 中国 2022年カタールW杯アジア最終予選】

 サッカー日本代表は27日、2022年カタールワールドカップアジア最終予選で中国代表と対戦し、2-0で勝利した。DF谷口彰悟が試合を振り返っている。

【日本代表 W杯最終予選はDAZNで全試合生中継!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 日本代表は不動のレギュラーである吉田麻也と冨安健洋が不在だったため、谷口と板倉滉がセンターバックに入った。

 試合を終えて谷口は、「無失点で終えることができてホッとしているというのが正直なところ」と安堵。「相手はブロックを整えてという戦い方だった。板倉滉と常に話しながら、カウンターを警戒した。良かったかなと思います」と手応えを感じている。

 守備だけでなく攻撃の起点としても役目を果たした。谷口は「相手は中をコンパクトにしてサイドを空けていた。それでも間につけると相手は嫌がっていたし、隙を逃さないようにした」と語り、「2人でビルドアップの縦パスを入れられた」ことについても仕事ができたと感じている。

 2月1日にはグループ首位のサウジアラビアと対戦だ。谷口は「大一番だと思っていますし、勝たないといけない。もしまたチャンスがまわってきたら、次も無失点で終わりたい。それくらい自信を持ってやっていきたいです。代表チーム全員が一丸になって勝ち点3に向かっていきたい」と意気込んだ。

【了】

新着記事

↑top