前田大然
【写真:Getty Images】



 セルティックの日本代表FW前田大然は、代表チームの試合の翌日に行われるクラブの試合に出場する可能性もあるのかもしれない。アンジェ・ポステコグルー監督もその可能性を認めている。英紙『デイリー・レコード』などが伝えた。

【日本代表 W杯最終予選はDAZNで全試合生中継!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 冬の移籍市場でセルティックに加入した前田は今月17日に行われたハイバーニアン戦でデビューを飾り、いきなりの初ゴールを記録。その後日本代表への招集を受け、27日に行われたカタールワールドカップ・アジア最終予選の中国代表戦には後半途中から交代出場した。

 続いて2月1日にはホームでのサウジアラビア代表戦が予定されており、セルティックがその翌日の現地時間2日に予定しているレンジャーズとの大一番に前田が出場することはできないと見込まれていた。だがポステコグルー監督は28日の会見で、前田をサウジアラビア戦終了後すぐに帰国させ、レンジャーズ戦に出場させる可能性を示唆している。

「それも一つの可能性だ」とポステコグルー監督。だが、あくまで前田がサウジアラビア戦に出場しなかった場合の選択肢であるとも説明している。「前日の試合でプレーしたとすれば、戻ってくるのが間に合ったとしても厳しいだろう。48時間や24時間以内に2試合を戦うことは考えにくい。ダイゼンは木曜日(中国戦)には交代出場だったので、起用されるかどうか次第だ」

 セルティックからはMFトム・ロギッチもオーストラリア代表に招集を受け、ワールドカップ予選のためクラブの試合を欠場している。オーストラリア代表は2月1日にアウェイでのオマーン代表戦を予定しており、ロギッチは主力として先発出場が見込まれるため、セルティックに戻って翌日のレンジャーズ戦に出場する可能性は前田以上に低いと見込まれている。

 古橋亨梧の負傷離脱などによりセルティックはFW陣が不足しており、前田がもし間に合うのであればぜひともレンジャーズ戦で復帰させたい状況となる。その古橋については、今季中に復帰できない可能性があるのではないかという憶測も伝えられているが、ポステコグルー監督は「先日も言ったとおり数週間の離脱だ」と見通しを示している。

【了】

新着記事

↑top