ロシアに対するFIFAの“手ぬるい”制裁措置に批判も。当面はW杯から追放されず

2022年02月28日(Mon)17時44分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

サッカー欧州代表 最新ニュース

FIFA
【写真:Getty Images】



ポーランドは「全く受け入れられない」

 国際サッカー連盟(FIFA)は、ロシア軍がウクライナ国内へ侵攻したことを受け、ロシアに対する制裁措置を27日に発表した。だが、その制裁内容は不十分であるとして批判や反発の声も上がっている。



【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 制裁措置として、FIFAはロシア国内での国際試合の開催を禁止し、「ホームゲームは中立地で観客を入れず開催するべき」と決定。また「ロシア」の国名の使用を認めず「ロシアサッカー連合(RFU)」の名称で試合を行うこと、ロシア国旗や国歌の使用禁止を命じている。

 だがこれは、ロシアの代表チームが試合をすることや国際大会に参加すること自体は禁じられないことを意味する。今回の決定については「最初の措置」であるとして、今後の追加処分などの可能性も示唆されているとはいえ、処分が不十分だという声もある。

 カタールワールドカップ欧州予選プレーオフでロシア代表との対戦を予定していたポーランドは特に強く反発。「FIFAの決定は全く受け入れられない。我々に試合への参加の意思はない。チームの名称が何であれ、ポーランド代表チームがロシアと対戦することはない」とポーランドサッカー協会会長は声明を出している。

 3月24日に行われる予選プレーオフ準決勝で、モスクワでロシア代表との対戦を予定していたポーランドは、試合のボイコットを先日表明。勝ち上がった場合に決勝でロシアと対戦の可能性があるスウェーデン、チェコもポーランドに同調する姿勢を示していた。

 また、イングランドサッカー協会(FA)やウェールズサッカー協会もロシアとの一切の対戦を当面拒否することを27日に表明している。英紙『デイリー・メール』が伝えたところによれば、FAはロシアのワールドカップ“追放”に向けてFIFAへの働きかけを行っているとされている。

【了】

新着記事

↑top