2010年、日本代表史上最強! 伝説の5人。本田圭佑、長谷部誠…歴史に名を刻んだ男たち

2022年03月11日(Fri)7時00分配信

シリーズ:伝説の英雄5人
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

サッカー日本代表 最新ニュース

岡田武史監督率いる日本代表は2008年にスタートを切り、2010年南アフリカワールドカップをもって終焉を迎えた。その間、名将の元では多くの選手がプレーしてきたが、とくにインパクトを残した人物は誰だったのか。今回は、岡田ジャパンにおける伝説の英雄5人を紹介する(成績は『transfermarkt』を参照)。


MF:長谷部誠

長谷部誠
【写真:Getty Images】

生年月日:2006年2月11日
岡田ジャパン成績:29試合1得点4アシスト


【日本代表 W杯最終予選はDAZNで全試合生中継!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 浦和レッズでプロデビューを飾った長谷部誠はジーコ監督の元で日本代表デビューしたが、ドイツワールドカップメンバーからは落選。続くイビチャ・オシム体制でもメンバーに定着することはできなかった。しかし、病床に伏したオシム監督の後任に岡田武史が就くと、長谷部の日本代表での存在感は増していくことになった。

 岡田ジャパンの一員として初めて臨んだ2008年5月の国際親善試合コートジボワール代表戦で、長谷部はフル出場を果たし玉田圭司のゴールをアシストするなど結果を残した。これ以降メンバーに定着するようになり、遠藤保仁とのダブルボランチを確立。優れた対人能力とクレバーなディフェンスを武器に、南アフリカW杯出場権獲得などに大きく貢献している。

 南アフリカW杯の直前に行われた国際親善試合イングランド代表戦では、中澤佑二に代わりゲームキャプテンに抜擢。そのまま4年に1度の大舞台でも腕章を巻くことになり、全試合出場を果たすなど川口能活(チームキャプテン)らと共にチームをまとめ上げ、母国を2度目のベスト16へと導いている。ここから、長谷部は長く日本代表をリーダーとして支えていくことになった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top