<試合結果>サッカーU-21日本代表、初陣はクロアチアに完封勝利! 荒木遼太郎&小田裕太郎、途中出場コンビで決勝点【ドバイカップU-23】

2022年03月23日(水)22時57分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

サッカー日本代表 最新ニュース

鈴木唯人
【写真:Getty Images】



U-21日本代表、ドバイカップU-23初戦

【日本 1-0 クロアチア ドバイカップU-23】

 U-21日本代表は現地23日、ドバイカップU-23の初戦でU-23クロアチア代表と対戦して1-0の完封勝利を収めた。



【日本代表 W杯最終予選はDAZNで全試合生中継!
いつでもどこでも簡単視聴。4月17日まで初月1ヶ月無料お試し実施中】


 パリ五輪世代の初陣とも言える国際試合で、大岩剛監督は4-2-3-1のシステムを採用。GKに鈴木彩艶、ディフェンスラインに右から半田陸、馬場晴也、西尾隆矢、成瀬竣平、中盤ダブルボランチに藤田譲瑠チマと田中聡、右サイドに甲田英將、トップ下に鈴木唯人、左サイドに斉藤光毅、そして1トップに藤尾翔太が先発起用された。

 日本は開始30秒で斉藤がカットインから放った鋭いシュートを皮切りに、積極的な仕掛けでチャンスを作っていく。3分間で斉藤、藤田、甲田と3人がフィニッシュまで持ち込み、5バックでやや守備的に入ったクロアチア相手に主導権を握った。

 守備でも相手ボールホルダーの懐まで入り込んでいく球際の激しさを見せ、連動したプレッシングでクロアチアに攻撃の形を作らせない。

 17分には西尾の縦パスを起点に斉藤、田中とつないで鮮やかに相手ディフェンスを崩し、最後は鈴木がシュート。惜しくもクロアチアのGKカルロ・センティッチに阻まれたが、日本は最終ラインから攻撃を組み立ててビッグチャンスを生み出した。

 続く22分、今度は斉藤が左サイドの深い位置でドリブルを仕掛け、切り返しから上げた左足クロスに藤尾が頭で合わせる。至近距離からのシュートはクロアチアの守護神に弾かれ、またも先制とはならない。

 その後も主導権を握って攻めた日本は前半アディショナルタイムの47分に田中からのパスワークで中央を崩し、鈴木、藤田とつないでペナルティエリア内で藤尾が決定機を迎えたが、これもセンティッチがファインセーブ。前半は両チームとも無得点のまま終了した。

 後半開始から日本は前日合流の半田を下げて、ドイツ2部フォルトゥナ・デュッセルドルフに所属するDF内野貴史を投入する。

 57分には左コーナーキックから藤尾がヘディングシュートを放つも、カバーに入ったディフェンスに阻まれて先制とはならない。直後の60分には藤田のミドルシュートのこぼれ球に藤尾が詰めるも、ゴール近くでのシュートを大きく外してしまった。

 大岩監督は64分に3枚の交代カードを切り、田中と斉藤、甲田を下げてボランチにMF松木玖生、左サイドにFW小田裕太郎、右サイドにMF松村優太を投入する。チャンスは作るものの相手GKの好守もあって得点を奪えない日本は73分に藤尾を下げてFW荒木遼太郎を起用し、さらに攻めの姿勢を強める。

 そして81分に日本がようやく均衡を破った。荒木の浮き球パスに小田が飛び出し、ファーストタッチでGKをかわしてシュートを流し込んだ。

 日本は87分に最後の交代カードを使って成瀬を下げてDF加藤聖を投入したが、その直後に先制点を挙げた小田が負傷してしまい、1人少なくなる。だが、88分にクロアチアのチーム最年長MFマルコ・ハヌリアクが2枚目のイエローカードを受けて退場に。最終盤は10人対10人の戦いとなる。

 タフな90分間を戦い抜いた日本は、クロアチアを完封して初戦を勝利で飾った。次戦は26日のU-23カタール代表戦だ。

【得点者】
81分 1-0 小田裕太郎(日本)

【了】

新着記事

↑top