<試合結果>サッカーU-21日本代表、パリ五輪世代の初タイトル獲得! 3試合連続無失点を達成しサウジアラビア撃破【ドバイカップU-23】

2022年03月30日(水)2時59分配信

photo JFA
タグ: , , , , , , , , , , , , ,

サッカー日本代表 最新ニュース

U-21日本代表
【写真提供:JFA】



U-21日本代表、ドバイカップU-23制覇!

【日本 1-0 サウジアラビア ドバイカップU-23】

 ドバイカップU-23の決勝が現地29日に行われ、U-21日本代表はU-23サウジアラビア代表に1-0で勝利。大会3連勝で優勝を果たした。



【日本代表 W杯最終予選はDAZNで全試合生中継!
いつでもどこでも簡単視聴。4月17日まで初月1ヶ月無料お試し実施中】


 U-23クロアチア代表とU-23カタール代表に連勝して1位か2位かを決める一戦に進んできた日本は、これまでの4-2-3-1より4-3-3に近い布陣でスタート。GKに今大会初出場の佐々木雅士、ディフェンスラインに右から内野貴史、チェイス・アンリ、西尾隆矢、加藤聖、中盤アンカーに田中聡、インサイドハーフに山本理仁と藤田譲瑠チマ、右ウィングに鈴木唯人、左ウィングに斉藤光毅、1トップに細谷真大が先発起用された。

 5バック気味に守るサウジアラビアに対し、日本はボールを握って試合を進めていく。7分、まずはコーナーキックにチェイスが打点の高いヘディングで合わせてゴールを脅かすと、12分には相手のバックパスを狙った細谷が激しくプレッシャーをかけ、GKからのパスをカット。あわや先制というチャンスを作る。

 そして20分に待望の先制点を奪った。日本は右コーナーキックを獲得すると、山本が蹴ったボールに細谷が頭で合わせてゴールネットを揺らす。結果を欲していたストライカーがチームに貴重なゴールをもたらした。

 その後も日本が優勢で試合を進めていくも、前半終了間際にアクシデントが起こる。田中が負傷し、44分にMF松村優太を投入することに。負傷や所属クラブの事情ですでに帰国した選手がおり、ベンチ入りのフィールドプレーヤーが5人しかいな状況で前半から交代カードを切ることになり、システムも4-3-3から鈴木をトップ下に配置する4-2-3-1へと変更した。

 後半に入って53分、藤田の縦パスをペナルティエリア内で受けた鈴木が左足を振り抜くが、強烈なシュートは相手GKのスーパーセーブに阻まれて追加点とはならない。

 その後は徐々にリズムが出てきたサウジアラビアに主導権を渡してしまう。日本はサイドの攻防で後手ようになり、60分にはサウジアラビアの左サイド突破から途中出場のFWハイタム・アシリに決定的な場面を作られてしまった。しかし、ここはGK佐々木がファインセーブで弾き出し、失点は免れる。

 日本は61分に斉藤を下げてFW荒木遼太郎を投入。87分には細谷と鈴木に代えて、DF成瀬竣平とMF川﨑颯太を起用して逃げ切りを図る。

 終盤にかけて一進一退の攻防が続いたが、GK佐々木やチェイスらディフェンス陣の奮闘で無失点に抑え、最後までゴールに向かう姿勢を崩さなかった日本が3試合連続の完封勝利。全試合無失点で3連勝を飾り、パリ五輪世代の初タイトルを獲得した。

【得点者】
20分 1-0 細谷真大(日本)

【了】

新着記事

↑top