サッカー日本代表 最新ニュース

 ドーハの悲劇から5年。日本は悲願のワールドカップ初出場を果たした。戦績は3戦3敗に終わったが、日本のサッカーが大きな一歩を踏み出した歴史的な瞬間だ。その大会で特にインパクトを残した人物は誰だったのか。今回は、1998年フランスワールドカップの日本代表における伝説の英雄5人を紹介する。


川口能活

川口能活
【写真:Getty Images】

生年月日:1975年8月15日
代表通算成績:116試合
1998年W杯成績:3試合フル出場


【日本代表 W杯最終予選はDAZNで全試合生中継!
いつでもどこでも簡単視聴。4月17日まで初月1ヶ月無料お試し実施中】


 日本が初めてワールドカップの舞台に立った1998年、日本のゴールを守ったのが当時22歳の川口能活だった。

 97年にA代表デビューを飾った川口は、96年のアトランタ五輪でブラジル相手に勝利した「マイアミの奇跡」の立役者の一人。A代表でも定位置を確保し、守護神としてフランスに乗り込んだ。

 川口はワールドカップでも存在感を放った。初戦で強国アルゼンチンと対戦した日本は23本ものシュートを浴びたが、失点はわずか「1」。この1失点についても、川口は抜群の鋭い飛び出しでコースを消している。ただ、このゴールを決めたのがガブリエル・バティストゥータ。世界最強レベルのストライカーの技で初失点した時は、日本がワールドカップのレベルを体感した瞬間だったかもしれない。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top