世界最高の右ウイングは誰だ!サッカー選手RWG能力値ランキング16~20位。ブルーノ・フェルナンデス2世、スウェーデンが生んだ次世代のスターとは?(21/22シーズン版)

2022年05月10日(火)6時00分配信

シリーズ:21/22能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

19位:マルコ・アセンシオ(スペイン代表/レアル・マドリード)

アセンシオ22 1
【写真:Getty Images】


生年月日:1996年1月21日
市場価格:4000万ユーロ(約48億円)
20/21リーグ戦成績:35試合5得点2アシスト

 地元マジョルカのカンテラ(下部組織)でキャリアをスタート。幼少期からその才能を発揮すると17歳でトップチームデビューを飾り、2015年に390万ユーロ(約4.7億円)でレアル・マドリードに引き抜かれた。その後の活躍は言うまでもないだろう。16/17シーズンからコンスタントに出場機会を得ると、数々のタイトル獲得に貢献している。

 スペイン人らしい華麗な「テクニック」を持つアセンシオの「ドリブル」は絶品。鋭い切り返しや緩急を付けた変幻自在の「ドリブル」で相手DFを一網打尽にする。カットインからの強力かつ正確無比なシュートも、同選手の最大の武器の1つだ。

 アセンシオが主戦場とするのは右サイドだが、攻撃的なポジションであればどこでもこなすことができる。それを可能にしているのが、卓越した「テクニック」と鋭い戦術眼だろう。密集した局面でも簡単に相手をいなし、戦況に応じた的確な「パス」でチャンスを演出する。味方との連係にも長け、特にペナルティーエリア脇ではサイドバックとの華麗な連係で相手DFを翻弄する。

 今季はカルロ・アンチェロッティ監督の下でコンスタントに出場機会を確保し、キャリア初となるリーグ戦2桁得点をマーク。レアルに欠かせない選手となったアセンシオだが、「守備力」はまだまだ改善が必要だろう。この点を向上できれば、さらに順位を上げるはずだ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top