スポルティングCP

20190927_coach_getty

え? もう? 新シーズン早々に解任された主要監督5人。昨季タイトル獲得、国内2冠をもたらした人物さえも…【編集部フォーカス】

欧州各国リーグの2019/20シーズンが幕を開け、およそ1ヶ月が経過する。まだまだ先は長いが、開幕からスタートに成功したクラブ、失敗したクラブが徐々に浮き彫りとなってきている。そんな中、すでに監督交代に踏み切ったクラブも現れ始めてきた。今回フットボールチャンネル編集部では、新シーズンが始まったばかりにもかかわらず、早々に解任されてしまった指揮官を欧州の主要クラブから5人紹介する。

堂安律

堂安律がELという舞台で感じたもの。モチベーションの低い相手を前に、何を求められたのか?

ヨーロッパリーグ・グループリーグD組第1節、PSV対スポルティングCPが現地時間19日に行われ3-2でホームチームが勝利している。PSVに所属する堂安律は78分から出場。約10分間で見せ場はほとんどなかったが、試合後にはポジティブなコメントも残した。日本代表MFがELという舞台で感じたもの、そして求められたこととは。(取材・文:本田千尋【アイントフォーヘン】)

新着記事

↑top