フットボールチャンネル

フォーカス 1か月前

2桁超えイケる!? 欧州日本人、得点ランキング1〜10位。久保建英を抑えた選手も【2024最新版】

シリーズ:欧州日本人得点ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

海外日本人選手 最新ニュース

 ヨーロッパ各地で日本人選手が活躍しており、中にはシーズン10得点に届きそうな選手もいる。今回は、2023/24シーズンの欧州主要10リーグにおける日本人選手の得点ランキング・トップ10を紹介する。※データは3/11時点の『transfermarkt』を参照。得点数が並んだ場合の順位はサイトに準拠。


10位:守田英正

スポルティングCPの守田英正

【写真:Getty Images】

生年月日:1995年5月10日
所属クラブ:スポルティングCP(ポルトガル)
23/24リーグ戦成績:19試合2得点4アシスト

今シーズンのセルティックはSPOTV NOWで配信中!
U-NEXTから加入で無料トライアル実施中![PR]

 サッカー日本代表の守田英正は、ポルトガルの名門スポルティングCPで活躍しており、今季リーグ戦で2得点を挙げている。

 昨季の守田は、リーグ戦29試合に出場して6得点を挙げた。昨季に比べると得点ペースは落ちているが、肝心なところで攻撃に参加する判断力は魅力的だ。第8節のアウロカ戦は、スポルティングCPが退場者を出して数的不利だったが、68分にゴール前まで走り込んだ守田が左からのクロスに合わせて決勝点を挙げ、チームに勝ち点3をもたらしている。

 今季のスポルティングCPでは、昨年夏に加入したスウェーデン代表のヴィクトル・ギェケレシュがリーグ戦で19得点、公式戦トータルで33得点とゴールを量産中だ。守田は得点数が昨季よりも減っているものの、アシスト数はすでに昨季を超えており、チーム全体のバランスを考慮した結果、前線に顔を出す場面が減っていると捉えることもできるだろう。実際、スポルティングCPは昨季リーグ戦の得点数が「71」だったが、今季はすでに69得点を挙げている。守田は自分の仕事をしていると言えるかもしれない。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top