Home » サッカー最新ニュース » 三笘薫はフル出場もブライトンはドロー。遠藤航、守田英正も先発出場【5日EL結果まとめ】

UEFAヨーロッパリーグ(欧州EL)最新ニュース


【写真:Getty Images】



三笘薫、遠藤航、守田英正が先発出場

UEFAヨーロッパリーグ(欧州EL)グループステージの16試合が現地時間5日に行われた。遠藤航が所属するリバプールはホームにユニオン・サン=ジロワーズを迎え、三笘薫が所属するブライトンは敵地でマルセイユと対戦した。堂安律所属のフライブルクはウェストハムと対戦した。



【欧州CL・ELを観るならWOWOW!
加入月は視聴料が無料。TV・PC・アプリで視聴可能】[PR]


 グループAのフライブルクは8分、ルーカス・パケタに先制ゴールを許す。49分にロランド・サライのゴールで同点に追いつくも66分に再び失点して1-2でウェストハムに敗れた。堂安律は46分から途中出場した。同組のTSC対オリンピアコスは2-2だった。グループBのブライトンは19分、20分と立て続けに失点する。54分にパスカル・グロスのゴールで1点を返すと、88分にジョアン・ペドロのゴールで同点に追いつき2-2の引き分けに終わった。三笘薫はフル出場した。同組のAEK対アヤックスは1-1だった。

 グループCのベティスはホームでスパルタ・プラハと対戦し、2-1で勝利した。同組のアリス・リマソール対レンジャーズは2-1だった。グループDのスポルティングCPはホームでアタランタと対戦。33分にジョルジオ・スカルビーニに先制点を決められると、43分にも失点して2点ビハインドで前半を折り返す。76分にヴィクトル・ギェケレシュのゴールで1点を返すも1-2でスポルティングは敗れた。守田英正はフル出場した。同組のラクフ・チェンストホヴァ対シュトゥルム・グラーツは0-1だった。

 グループEのリバプールは44分、ライアン・グラフェンベルフのゴールで先制に成功する。後半アディショナルタイムにディオゴ・ジョッタが追加点をあげて2-0でリバプールが勝利した。遠藤航は46分までプレーした。トゥールーズ対LASKは1-0だった。グループFのビジャレアルはホームでレンヌと対戦。36分のアレクサンデル・セルロートのゴールを守り切り1-0で勝利した。マッカビ・ハイファ対パナシナイコスは0-0だった。

 グループGのローマはホームでセルヴェットと対戦した。21分にロメロ・ルカクのゴールで先制すると、46分にはアンドレア・ベロッティにもゴールが生まれる。52分にロレンツォ・ペッレグリーニが追加点をあげると、59分に再びベロッティが決めて4-0で勝利した。同組のスラヴィア・プラハ対シェリフ・ティラスポリは6-0だった。グループHのレバークーゼンは敵地でモルデと対戦し2-1で勝利した。BKヘッケン対カラバフは0-1だった。


【関連記事】
【グループリーグ順位表】UEFAヨーロッパリーグ23/24
【結果一覧】欧州CL&EL日本人の成績・結果は?
【全試合日程・結果・放送予定一覧】UEFAヨーロッパリーグ23/24

【了】

新着記事

↑top