欧州王者イタリア代表はワールドカップ出場権得るべき? マテラッツィ氏もバッジョ氏に賛同

2022年06月04日(Sat)21時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

サッカー欧州代表 最新ニュース

イタリア代表
【写真:Getty Images】



カタール大会で予選敗退のイタリア代表

 イタリア代表は本来、カタールワールドカップの出場権を手に入れられるべきだったのだろうか。元同国代表のロベルト・バッジョ氏に続いて、マルコ・マテラッツィ氏も同様の主張を展開している。



【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴】

 昨年夏に開催されたユーロ2020(欧州選手権)では優勝を飾り、欧州王者に戴冠したイタリア代表。だがその後ワールドカップ欧州予選ではスイス代表に次ぐグループ2位でプレーオフに回り、プレーオフ準決勝で北マケドニア代表に敗れて出場権獲得を逃す結果となった。前回のロシア大会にも出場できなかったイタリアは屈辱の2大会連続予選敗退だ。

 1994年アメリカ大会準優勝の立役者であるレジェンドFWのバッジョ氏は、イタリア代表はユーロ優勝によりワールドカップ出場権を得られるべきだったと主張していた。マテラッツィ氏もこれに賛同し、伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューに対して次のように語っている。

「ユーロは大きな大会であり、客観的に見てブラジルとアルゼンチンを除く世界最高のチームが参加している。そこで勝つのは大きな偉業で、優勝チームは間違いなく非常に強いチームだ。欧州最高のチームが、タイトル獲得にふさわしい力をワールドカップでも見せられるようにするのは理に適う。もちろんイタリアのための特別ルールということではなく、もともとそういうルールがあるべきだったということだがね」

 インテルなどでセンターバックとして活躍したマテラッツィ氏は、イタリア代表が2006年ワールドカップで優勝を飾った際の主力メンバー。フランス代表と対戦した決勝で、ジネディーヌ・ジダン氏の有名な“頭突き”を受けた相手としても知られる。

【了】

新着記事

↑top