鎌田大地が乗り越えた2つの試練。屈辱的な交代と公開説教、「ゼロ」から掴んだ信頼とEL優勝【21/22欧州日本人総括コラム】

2022年06月20日(Mon)8時00分配信

シリーズ:21/22欧州日本人総括コラム
text by 小澤祐作 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,


海外日本人選手 最新ニュース

数多くの激闘が繰り広げられた2021/22シーズンが幕を閉じた。欧州各国でプレーする日本人選手たちは、果たしてどのような活躍を見せたのだろうか。今回は、ドイツのフランクフルトに所属する鎌田大地のシーズンを振り返る。(文:小澤祐作)


「全員がゼロからのスタートでした」

鎌田大地
【写真:Getty Images】

 オリバー・グラスナーを新監督に迎えたフランクフルトのスタートは、あまりにも低調だった。ブンデスリーガ開幕節でドルトムントに2-5と大敗すると、その後の5試合はすべてドロー。第7節バイエルン・ミュンヘン戦でようやく初勝利を挙げたが、第8節と第9節で敗戦。第10節ライプツィヒ戦は後半アディショナルタイムの得点でなんとか引き分けに持ち込むという結果だった。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴】


 昨季ヴォルフスブルクをチャンピオンズリーグ(CL)出場に導いた新指揮官は、試行錯誤を繰り返していた。第1節で3-4-2-1を採用するも大敗を喫したため、第2節からしばらくは4-2-3-1にチェンジ。ただここでも結果が出ず、第7節バイエルン戦は5-4-1、第8節と第9節は3-4-1-2を選択。第10節ライプツィヒ戦で3-4-2-1に戻り、ここでようやくベースが固まるという形だった。

 そんな中で鎌田大地も苦戦を強いられていた。序盤は先発から外れることも多く、ブンデスリーガ開幕10試合を終えた時点で得点もアシストもなし。第11節グロイター・フュルト戦でようやく初アシストを記録したが、リーグ初得点はシーズン折り返し直前の第16節ボルシア・メンヒェングラードバッハ戦とかなり遅かった。

 やはり新監督の元でプレーする難しさはあったようだ。鎌田はドイツ『ヘッセンシャウ』のロングインタビューの中で「グラスナー監督の元で心機一転しました。昨季までのものは全て通用しなくなりました。全員がゼロからのスタートでした。何人かの同僚が去り、新たな選手が来ました。フォーメーションも新しくなり、トレーニングのデザインやルートも変わっています。今はもっとディフェンスの裏を狙うべきで、プレースタイルも変わってきました」と話している。また、新監督が要求するものを理解するにも「時間がかかった」と明かしていた。

 しかし、鎌田はヨーロッパリーグ(EL)では誰よりも好調を維持していた。グループリーグ6試合すべてに出場し、チームトップとなる3得点をマーク。決勝トーナメント進出に大きく貢献していたのである。

 ブンデスリーガよりもELで結果を残せた理由についてだが、鎌田自身もよく分からなかったようだ。『ヘッセンシャウ』のインタビューの中で、鎌田らしい冗談を交えながら次のように話していた。

1 2 3

新着記事

↑top