Home » 海外サッカー » 世界最高のGKは誰だ!サッカー選手能力値ランキング16~20位。世界一に輝いた守護神、カンテラ出身の若手GKも(21/22シーズン版) » Page 5

世界最高のGKは誰だ!サッカー選手能力値ランキング16~20位。世界一に輝いた守護神、カンテラ出身の若手GKも(21/22シーズン版)

2022年07月15日(金)7時00分配信

シリーズ:21/22能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

16位:ヤン・ゾマー(スイス代表/ボルシア・メンヒェングラートバッハ)

ゾマー22
【写真:Getty Images】

生年月日:1988年12月17日
市場価格:500万ユーロ(約6億円)
20/21リーグ戦成績:31試合50失点(無失点7試合)

スイス代表の守護神を務めるヤン・ゾマーが16位にランクインした。スイスの名門FCバーゼルの下部組織出身で、2006年7月にトップチームに昇格して以降は2度の期限付き移籍を経験した。2014年夏にはボルシア・メンヒェングラートバッハに完全移籍し、加入初年度にはクラブ記録となるリーグ戦17戦無敗に大きく貢献した。同クラブでは在籍8年間で322試合に出場している。

ゾマーは「ポジショニング」が非常に上手い。状況判断能力が非常に優れているため、シュートへの対応もスムーズである。アクロバティックなセーブがあまり見られないのは、この高いスキルを持ち合わせているからこそである。また、このスキルを兼ね備えているからこそ、「ハイボール」処理も上手く、落下地点に入るスピードがとても早い。

ブンデスリーグ屈指のシュートストッパーとの呼び声も高いゾマーは、優れた「反射神経」を武器に至近距離からのシュートもいとも簡単にシャットダウンする。足元の技術にも定評があり、高い「キック」精度から繰り出される前線へのロングフィードから攻撃の起点を作るシーンもよく見られる。「キック」の数値は「82」とランキング上位のGKたちに劣らない数字を記録している。

ブンデスリーガではマヌエル・ノイアーという世界最高のGKの影に隠れてしまうことが多いが、能力面では世界トップクラスのレベルを誇っている。GKとして非常に弱点が少なく、試合で安易なミスを犯すことは滅多に見られない。


【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top