Home » 海外サッカー » セリエA » ユベントス史上最強! 伝説の英雄5人。デル・ピエロ、ブッフォン…クラブに名を刻んだ男たち » Page 4

ユベントス史上最強! 伝説の英雄5人。デル・ピエロ、ブッフォン…クラブに名を刻んだ男たち

2022年12月24日(土)10時00分配信

シリーズ:伝説の英雄5人
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

MF:パベル・ネドベド(元チェコ代表)


【写真:Getty Images】


生年月日:1972年8月30日
在籍期間:2001年7月~2009年7月
通算成績 :327試合65得点60アシスト
主な獲得タイトル:セリエA(2回)、スーペルコッパ・イタリアーナ(2回)

 チェコで最も成功した選手の1人、パベル・ネドベドも伝説の英雄と呼べる存在だろう。ラツィオでその名を欧州に轟かせ、2001年にユベントスへ加入すると在籍8年間で通算327試合65得点60アシストを記録している。紛れもないレジェンドだ。

 「心臓が2つある」とも言われるほどのスタミナで90分間走り続けるネドベドは、スピード、テクニックも持ち合わる。高精度のキックによるチャンスメイクやゲームメイク、さらに献身的な守備でチームの支柱となり、1年目からリーグ優勝に大きく貢献した。翌年にはリーグ2連覇を達成すると、チャンピオンズリーグ(CL)では15試合5得点2アシストの活躍を見せ、ユベントスを決勝に導いた。しかし、準決勝で受けたイエローカードにより、ACミランとの決勝戦は出場停止。ピッチに立てぬまま優勝を逃し、涙を飲んだ。

 悲願のCL優勝こそできなかったが、ネドベドはその年にバロンドールを受賞。セリエAでは15アシストを記録するなど、飛躍の年となった。ユベントスでさらなる成長を遂げたが、2006年には同クラブのスキャンダルによりセリエBへ降格。多くのスター選手が去って行ったが、この男はクラブに留まり、1年でのセリエA復帰に大きく貢献した。その後は怪我にも悩まされたが、36歳を迎えた2008/2009シーズンまで不動の存在として活躍。同シーズン終了後にスパイクを脱いだ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top