カイル・ウォーカー(イングランド代表/マンチェスター・シティ)


【写真:Getty Images】


生年月日:1990年5月28日
22/23リーグ戦成績:10試合0得点0アシスト
代表通算成績:73試合0得点8アシスト

 プレミアリーグにおいて三笘薫の最大の難敵となりそうなのが、イングランド代表DFカイル・ウォーカーだ。通算346試合に出場し、トロフィーを4度掲げるなど、プレミアリーグを誰よりも知っている存在であり、「世界最高の右サイドバック」との呼び声も高い。

 ウォーカーは強靭なフィジカルや豊富なスタミナだけでなく、爆発的なスピードも兼ね備えている怪物だ。1対1で簡単に振り切られることはそう多くなく、FIFAワールドカップカタール2022・準々決勝のフランス代表戦では、あのキリアン・エムバペに対し互角以上のバトルを繰り広げてみせた。今やプレミアリーグで恐れられる存在になった三笘といえど、百戦錬磨のウォーカーを完全に上回ることは難しいかもしれない。

 ブライトンとマンチェスター・シティは昨年10月のプレミアリーグ第13節で対戦している。しかしこの試合では、三笘とウォーカーともに負傷の影響でピッチには立たなかった。次の対戦は、4月の第32節となっている。お互いにベストコンディションで臨み、バチバチのバトルを繰り広げてほしいところだが、果たして。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top