レアル・マドリード 最新ニュース

 サッカー選手を評価する指標はさまざま存在しており、そのうちの一つが「年俸」である。だが、ピッチでの働きが必ずしも年俸にあらわれるわけではない。今回はレアル・マドリードの選手で、現在のサラリーに見合わない選手をピックアップして紹介する。(年俸は『Salary Sport』、リーグ戦成績は『transfermarkt』を参照)


FW:マルコ・アセンシオ


【写真:Getty Images】

生年月日:1996年1月21日
年俸:711.8万ユーロ(約8.5億円)
今季リーグ戦成績:12試合1得点3アシスト


【レアル戦の欧州CLを観るならWOWOW!
加入月は視聴料が無料。TV・PC・アプリで視聴可能】

 スペイン代表のマルコ・アセンシオは、レアル・マドリードで給料が高い選手の一人だ。

 今季でレアル・マドリード加入7シーズン目のアセンシオは、昨年夏に移籍が話題になったものの最終的に残留。711.8万ユーロ(約8.5億円)の年俸を受け取っている。

 アセンシオは今季のリーグ戦で1ゴール3アシストを記録しているが、先発での出場はわずか3回で、出場時間は319分。このプレータイムで一定の結果を残すところはさすがだとしても、かかっているコストを考えると割高感が拭えない。カタールワールドカップでスペイン代表の10番を背負った男であることをふまえるとなおさら物足りなさがある。

『transfermarkt』の市場価値は、2018年末に8000万ユーロ(約96億円)まで上昇したが、その後は右肩下がりで最新のものは2500万ユーロ(約30億円)。27歳という年齢も考えると、もっと衝撃的な活躍に期待したくなる。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top