イングランド・プレミアリーグ 最新ニュース

100億円億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いサッカー選手は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※市場価値、成績は2月22日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠


10位:ガビ(バルセロナ/スペイン代表)

【写真:Getty Images】

生年月日:2004年8月5日
市場価値:9000万ユーロ(約108億円)
今季リーグ成績:22試合1得点2アシスト


【今シーズンのプレミアリーグはABEMAで!
14日間無料! いつでもどこでも簡単視聴】


 バルセロナとスペイン代表のどちらでも不動のポジションを手にしている驚異の18歳は、恐るべきスピードで市場価値が急騰している。

 バルセロナのカンテラ(下部組織)出身のガビは、2021/22シーズン開幕直後にトップチームデビューするとすぐに主力へと定着し、そこからおよそ2ヶ月後の10月にスペイン代表デビューを飾った。

 異例とも言えるスピードで出世したその実力は本物で、バルセロナ出身の選手らしい「テクニック」や「頭脳」と、現代のフットボールに欠かせない「ハードワーク」や「球際の強さ」、「走力」など、「柔」と「剛」の両面を兼ね備えている貴重な選手だ。

 その市場価値は上昇を続けており、1年前は4000万ユーロ(約48億円)だったが、カタールワールドカップなどでの活躍を経た現在は9000万ユーロ(約108億円)まで高騰している。現在18歳とポテンシャルも抜群で、その市場価値は上昇を続けることだろう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top