フットボールチャンネル

まるで別人? なぜかフランス代表で輝けなかった名手5人。居場所を築けなかった実力者たち

シリーズ:代表で輝けなかった5人の名手 text by 編集部 photo by Getty Images

サッカー最新ニュース

 フランス代表にはどのポジションを切り取っても世界トップクラスのタレントと選手層を擁している。しかし、中には所属クラブでのような活躍が出来ず、代表では輝けない選手も少なくない。そこで今回は、選手層が厚すぎるがゆえにフランス代表で活躍できなかった5人の選手を紹介する。


DF:アイメリク・ラポルテ(マンチェスター・シティ)

マンチェスター・シティでプレーするアイメリク・ラポルテ
【写真:Getty Images】

生年月日:1994年5月27日
フランス代表成績:なし


【今シーズンの欧州サッカーは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 ジョゼップ・グアルディオラが「世界最高の左利きCB」と評価したアイメリク・ラポルテだが、なぜかフランス代表では試合に出場することができなかった。フランス出身だがバスク地方のバイヨンヌで育ったこともあり、アスレティック・ビルバオの下部組織に入団。2012/13シーズンにプロデビューを飾り、翌2013/14シーズンには当時19歳ながらラ・リーガのベストイレブンに選出された。

 スペイン国内で注目を集めたラポルテ獲得の争奪戦を制したのは、グアルディオラ率いるマンチェスター・シティだった。2018/19シーズンは不動の左CBとしてプレミアリーグ制覇に大きく貢献。リーグの年間ベストイレブンにも選出。2019/20シーズンと2020/2021シーズンは負傷に悩まされ、マヌエル・アカンジが加入した今季は序列を下げている。

 19歳でラ・リーガのベストイレブンに選出されるなど若い頃からポテンシャルを発揮していたラポルテ。フランスU-21代表では主将を務めるなど同年代の選手を引っ張る存在だった。しかし、A代表には彼の居場所がなかった。ケガによる辞退を含めると3度招集されているが、試合に出場することはできず、2021年6月に国籍をスペインへと変更。現在はスペイン代表不動のCBとして最終ラインに統率している。

1 2 3 4 5

KANZENからのお知らせ

scroll top