フットボールチャンネル

海外サッカー 6か月前

圧倒的センス! リバプール歴代最高の司令塔5人。クラブに名を刻んだ男たち

シリーズ:歴代最高の司令塔5人 text by 編集部 photo by Getty Images

リバプール 最新ニュース

 イングランド・プレミアリーグの名門リバプールでは、これまで多くのレジェンドたちが活躍してきた。中でも攻撃を司るポジションは、華があるスターが多く、多くのファンを魅了してきた。今回は、抜群のセンスで攻撃を彩ったリバプールの5人の“司令塔”を紹介する(通算成績は『transfermarkt』を参考)。


MF:スティーブン・ジェラード(元イングランド代表)

リバプールで活躍した元イングランド代表のスティーブン・ジェラード
【写真:Getty Images】

生年月日:1980年5月30日
リバプール所属時期:1998年〜2015年
リバプール通算成績:710試合186得点157アシスト


【今シーズンのリバプールはABEMAで!
14日間無料! いつでもどこでも簡単視聴】

 リバプールを代表するレジェンド、スティーブン・ジェラードは、ピッチ上で絶大な支配力を持った司令塔だ。

 リバプールの下部組織で育ったジェラードは、1998年にトップチームデビューを果たした。デビュー当時は右サイドハーフでの起用が多かったが、次第に中央へシフトしていき、攻撃的MFとしても守備的MFとしても活躍している。

 ジェラードと言えば右足の弾丸シュートがお馴染みだが、そのキックはゲームを組み立てる際にも威力を発揮していた。ジェラードを経由したサイドチェンジは精度だけでなくスピードもあり、相手の守備を揺さぶる武器となっている。

 ボックス・トゥ・ボックスのMFとして攻撃参加も繰り返すジェラードは、リバプール歴代3位となる710試合に出場した。2013/14シーズンのプレミアリーグでは13得点15アシストで、リーグのアシスト王にもなっている。プレミアリーグのタイトルに届かなかったことは悔やまれるが、長年リバプールをけん引したレジェンドであることは間違いない。

1 2 3 4 5

KANZENからのお知らせ

scroll top