フットボールチャンネル

海外サッカー 6か月前

世界最高のサイドバックは誰だ? サッカー選手能力値ランキング11~15位【23/24版】

シリーズ:23/24能力値ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

11位:テオ・エルナンデス(フランス代表)

ミランに所属するフランス代表DFテオ・エルナンデス
【写真:Getty Images】


生年月日:1997年10月6日
所属クラブ:ミラン(イタリア)
22/23リーグ戦成績:32試合4ゴール3アシスト

 惜しくもトップ10入りは果たせなかったものの、テオ・エルナンデスが既にワールドクラスのサイドバックであることに異論はないだろう。

 26歳のフランス代表DFは、セリエA屈指の“超”攻撃的サイドバックだ。「攻撃」の能力値は、SBランキング全選手の中で2位タイとなる「80.4」をマークした。推進力のあるドリブルが持ち味で、ミランの攻撃に左サイドからダイナミズムをもたらしている。昨季のリーグ戦第34節ラツィオ戦では、ドリブルで自陣から相手ペナルティエリア手前まで1人でボールを運び、左足で強烈なミドルシュートをゴールに突き刺すスーパープレーを見せた。

また、忘れてはならないのが同選手が持つ身体的な「強さ」。身長184cmとサイドバックとしては比較的サイズがあり、筋骨隆々のがっしりとした「フィジカル」を持っているため、相手選手に簡単には競り負けない。空中戦も得意としており、昨季は空中戦勝率72%を記録した(データサイト『Sofa Score』参照)。「守備」時の対応には修正の余地があるものの、それに余りあるほどの「攻撃」能力がテオ・エルナンデスにはある。

【了】

1 2 3 4 5

KANZENからのお知らせ

scroll top