フットボールチャンネル

フォーカス 3か月前

もう見たくない…。バルセロナで嫌われすぎた選手6人。まさか…。サポーターを激怒させた男たち

シリーズ:嫌われた5人 text by 編集部 photo by Getty Images

MF:アルダ・トゥラン(現役引退)

バルセロナMFアルダ・トゥラン
【写真:Getty Images】


生年月日:1987年1月30日
バルセロナ通算成績:55試合15得点11アシスト

 アトレティコ・マドリードで背番号10を背負っていたアルダ・トゥランは本領を発揮できないままバルセロナを去っている。

 2015年夏にバルセロナの一員となったトルコ代表MFは、クラブの補強禁止処分の影響もあって半年後の2016年1月にようやくデビューを飾った。随所に輝いた試合もあったが、アトレティコ・マドリード時代の輝きは鳴りを潜め、2018年1月にローン移籍という形でイスタンブール・バシャクシェヒルへと移籍した。

 わずか2年で見切られたパフォーマンス面でサポーターの不満を集めただけでなく、彼は素行面でも大きな問題を抱えていた。それが露呈したのがトルコ移籍後である。試合では副審へ暴言と暴行を加えたことで16試合の出場停止処分を受け、ピッチ外ではナイトクラブでトルコ人歌手と揉めた末に傷害事件を起こし、病院で持ち込んだ銃を発砲するという暴挙に出たとされている。

 このような素行不良を繰り返してサポーターから好かれるはずもない。契約満了となる2020年夏までバルセロナが保有権を持っていたが、当然ながらその間にチームへ復帰することなく退団となった。

【関連記事】
どっちが高額? エル・クラシコ年俸ランキング1~10位。バルセロナとレアル・マドリードを比較
バルセロナ23/24シーズン予想スタメン全選手紹介&フォーメーション

【了】

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top