フットボールチャンネル

フォーカス 3週間前

東京ヴェルディと対戦! レアル・ソシエダ市場価値ランキング1〜10位。久保建英のチームメイトの金額は?

シリーズ:市場価値ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

久保建英 最新ニュース

サッカー日本代表MF久保建英が所属するレアル・ソシエダが29日、東京ヴェルディとの親善試合に臨む。多くのタレントが所属するチームで最も市場価値が高いのは誰なのか。今回はデータサイト『transfermarkt』が算出したデータをもとにレアル・ソシエダ所属選手の市場価値ランキングを紹介する。※市場価値は5月27日時点。金額が並んだ場合の順位はサイトに準拠。


10位:アルセン・ザハリャン(ロシア代表)

レアル・ソシエダのアルセン・ザハリャン
【写真:Getty Images】

生年月日:2003年5月26日
市場価値:1500万ユーロ(約21億円)
23/24リーグ戦成績:29試合1得点2アシスト

今シーズンの久保建英はSPOTV NOWで全試合配信中!
U-NEXTから加入で無料トライアル実施中![PR]

 レアル・ソシエダ所属選手の市場価値ランキングで10位にランクインしているのは、ロシア代表のMFアルセン・ザハリャンだ。1500万ユーロ(約21億円)の市場価値と評価されており、これは全ロシア人サッカー選手の中で3位の金額だ。

 ディナモ・モスクワの育成組織出身のザハリャンは、2020年11月にトップチームデビューを果たしてからクラブの中心選手としてプレーし続けてきたロシア期待の若手選手である。2022年6月に市場価値が現在の金額に到達。2022/23シーズンは司令塔として攻撃のタクトを振るい、国内リーグ戦27試合出場4ゴール9アシストをマークしていた。

 昨夏に元スペイン代表MFダビド・シルバが大怪我によって引退したことにより、ザハリャンは彼の後任としてソシエダに加入した。しかし今季はリーグ戦29試合に出場したものの14試合が途中出場であり、シーズンを通して絶対的な主力にはなりきれなかった。市場価値も2022年6月から上昇していない。

 一方で、ザハリャンは随所に光るプレーを見せて自身のポテンシャルを示していた。シーズン終盤にかけて調子を上げており、欧州5大リーグ2年目となる来季での飛躍も十分あり得る選手だろう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top