フットボールチャンネル

ドンピシャヘッド炸裂!エース・上田綺世のゴールで日本代表が先制!ゴールショーの予感【W杯アジア2次予選】

text by 編集部 photo by Getty Images

サッカー日本代表 最新ニュース

サッカー日本代表FW上田綺世
【写真:Getty Images】



上田綺世のドンピシャヘッドを見よ!

 サッカー日本代表は11日、FIFAワールドカップ26アジア2次予選 兼 AFCアジアカップサウジアラビア2027予選・グループリーグB最終節でシリア代表と対戦している。この試合のファーストゴールを挙げたのは、CFとして起用されたエース・ストライカー上田綺世だ。

日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 最終予選進出を確定させたいシリア代表は、序盤から日本代表にタフなコンタクトを試みる。日本代表はグループリーグ1位で2次予選突破を決めているが、相手は立ち上がりから激しいプレッシングを見せた。

 しかしホームチームも巧みな攻撃で応戦する。8分、左サイドに位置をとる南野拓実が前方へスルーパスを通すと、中村敬斗がこれに反応する。そこから中村が中央へ折り返すと、久保建英が左足を振り抜いた。これは枠外へ外れるが、フィニッシュまでの形に再現性を感じさせる。

 すると13分、左サイドでボールを受けた中村がドリブルで縦に持ち込むと、左足でクロスを上げる。そのボールに、中で待っていた上田がヘディングで合わせ、日本代表に先制点をもたらした。

 このあとも堂安律のゴールと相手選手のオウンゴールにより、日本代表はなんと22分までに計3得点を記録した。チームはここまでほとんど完璧な試合運びを見せており、スタジアムにはゴールショーの雰囲気も漂い始めている。

1 2

KANZENからのお知らせ

scroll top