フットボールチャンネル

【前半速報】サッカー日本代表、序盤に得点ラッシュ。シリア代表戦は大量リードで折り返す【W杯アジア2次予選】

text by 編集部 photo by Getty Images

サッカー日本代表 最新ニュース

FIFAワールドカップ26アジア2次予選・シリア代表戦のサッカー日本代表
【写真:Getty Images】



上田綺世、堂安律がゴール

【日本 vs シリア W杯アジア2次予選】

 サッカー日本代表は11日、FIFAワールドカップ26アジア2次予選兼AFCアジアカップサウジアラビア2027予選でシリア代表と対戦している。

日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 すでに2次予選首位を決めている日本代表は、6日のミャンマー代表戦から先発を9人変更。久保建英、冨安健洋、南野拓実、遠藤航など、主力といえる選手たちがスタメン入りした。

 日本代表は、アジア最終予選進出の可能性を残しているシリア代表を相手に序盤から主導権を握ると、13分に先制点が決まる。左サイドの中村敬斗が縦に突破して左足でクロスを入れると、中央で上田綺世がヘディングで合わせて1−0とした。

 19分には早くも2点目が生まれる。自陣の低い位置から中村が久保へのパスが通ってカウンターになると、久保が運んで右へパス。受けた堂安律が中にカットインして左足でシュートを放ち、ゴール右隅に決めた。

 その3分後には、久保のラストパスが相手にカットされると、このボールがそのままゴールに吸い込まれて、相手オウンゴールで3点目となる。

 その後、日本代表の得点ペースは落ち、前半の終盤はシリア代表に攻撃のリズムが出てきたものの、差を詰められることはなく、3−0でハーフタイムを迎えた。

【得点者】
13分 1-0 上田綺世(日本)
19分 2-0 堂安律(日本)
22分 3-0 オウンゴール(日本)

【関連記事】
【結果速報】サッカー日本代表 対 シリア代表 スタメン・試合経過・得点情報
英国人が見たサッカー日本代表「中村敬斗は…」「小川航基はもう少し…」「活躍してほしくないけど!複雑です…」
なぜ呼ばれない? サッカー日本代表に招集したかった6人。今回こそ呼ぶべきだったのは?

【了】

KANZENからのお知らせ

scroll top