日本代表

20130702_uchida_mkt

日本代表に足りない“勝つサッカー”。チームを変えるカギは“リーダー内田篤人”か? 2013.07.02

コンフェデで日本は何を学んだのか? 結果は惨敗に終わってしまったが、収穫は大きい。大会期間中、日本代表を中心に取材した2人のジャーナリストが対談し、W杯までの課題を検証する。果たして、“勝つためのサッカー”に必要なこととは?

20130702_ita_kaz

元伊代表監督ドナドーニが日本代表を分析。イタリア戦で日本に唯一欠けていたものとは? 2013.07.02

コンフェデの日本代表をエキスパートはどう見たのか? 元イタリア代表監督にして現在はパルマで指揮を執るロベルト・ドナドーニ氏に話を聞いた。識者が対アズーリを分析する。(翻訳・構成:宮崎隆司)

日本が戦力差を埋めるカギとなる“コンディション”。コンフェデの経験をW杯につなげられるか?

日本が戦力差を埋めるカギとなる“コンディション”。コンフェデの経験をW杯につなげられるか? 2013.07.01

コンフェデで日本は何を学んだのか? 結果は惨敗に終わってしまったが、収穫は大きい。何よりブラジルで試合をする経験を積めたことは今後の糧になるはずだ。大会期間中、日本代表を中心に取材した2人のジャーナリストが対談し、W杯までの課題を検証する。

チームの若返りを企図するイタリア代表。過酷な日程の中、コンフェデ3位の成績を残せた理由とは?

チームの若返りを企図するイタリア代表。過酷な日程の中、コンフェデ3位の成績を残せた理由とは? 2013.07.01

コンフェデレーションズカップの準決勝に中2日という過酷な日程で挑んだイタリア代表。後半はウルグアイの猛攻に攻め込まれたが、高い集中力でPK戦を制し3位を勝ち取った。若返りを図るチームが躍進した理由とは?

失意のまま終わったコンフェデ。吉田麻也は“世界との差”をどう感じたのか?

失意のまま終わったコンフェデ。吉田麻也は“世界との差”をどう感じたのか? 2013.07.01

日本代表のセンターバックとしてザッケローニ体制では守備陣を支えてきた吉田麻也。だが、コンフェデでは失点につながるミスもあるなど苦い思い出となってしまった。吉田は強豪国との差をどう感じたのか? そしてそれをどう埋めようとしているのか?

20130630_konno

世界との差を痛感した日本代表の守備陣。ディフェンス再建に向けた今野泰幸の決意 2013.06.30

3試合で9失点。コンフェデ3連敗の責任は守備陣にあると言われてもおかしくはない。W杯まで立て直さなくてはならない。センターバックの今野泰幸の決意に迫る。

20130629_italy

EURO2012決勝の屈辱から1年 攻撃的なサッカーでスペインと互角の勝負を演じたアズーリの成長 2013.06.29

コンフェデレーションズカップの準決勝、PK戦の末惜しくもスペインに敗れたイタリア代表。昨年行われたEURO2012決勝で喫した0-4という屈辱的な大敗から1年、アズーリはどのような成長を遂げたのか?

20130629_brazil

国歌斉唱にみるブラジルの“本気度” 2013.06.29

コンフェデのブラジルの試合を見て、なにか普通とは違うことを感じなかっただろうか? 試合前の国歌斉唱だ。伴奏が終わっても観客、選手たちもが続きを歌うのだ。それはなぜなのか? 『フットボールde国歌大合唱!』(東邦出版)の著者がその理由に迫る。

20130629_piro

ザック流3-4-3成功のヒントはアズーリにあり。イタリアの3バックはなぜスペイン戦で機能したのか? 2013.06.29

PK戦までもつれこむ激戦となったコンフェデ準決勝イタリア対スペイン。惜しくも敗れたイタリアだが、3バックが見事に機能し、スペインを苦しめた。その要因を紐解いていくとザックジャパンの3-4-3のヒントになるカギが隠されていた。

“国内組”の活躍で堅守ウルグアイを攻略。勝てるチームへと成長したブラジル

“国内組”の活躍で堅守ウルグアイを攻略。勝てるチームへと成長したブラジル 2013.06.28

26日のコンフェデ準決勝でウルグアイと対戦したブラジル。2-1と勝利したものの、ウルグアイの堅守に苦しめられた。それでもなお、勝利を得られたところに今のセレソンの強さがある。

「海外組」を巡る言説を問う 「日本人らしさ」というステレオタイプ

「海外組」を巡る言説を問う 「日本人らしさ」というステレオタイプ 2013.06.27

海外の日本人選手や日本代表について語る際、つい何気なく「日本人らしさ」という言葉を使っていないだろうか? 気鋭の社会学者がその風潮に警鐘を鳴らす。

20130626_nagatomo_yamada

長友佑都が語るW杯までの課題「個の力を高めないと世界では破られてしまう」 2013.06.26

長期離脱から驚異的な回復で復帰し、W杯予選、コンフェデとフル稼働した長友佑都。彼はコンフェデで強豪国と相まみえて、何を感じ、そしてW杯までの課題をどうとらえているのか?

20130618_nishino_mtk

【W杯までに克服すべき課題は?】西野朗が日本代表を分析「現時点でW杯での現実的な目標はベスト8」 2013.06.26

コンフェデ3試合を終えた日本代表。エキスパートはどう見たのか? J1での監督経験豊富な西野朗氏が、W杯までに日本代表が克服すべき課題を分析した。

岡崎慎司がコンフェデで痛感した“勝負勘”の欠如。W杯へ向けての“FW”としての決意

岡崎慎司がコンフェデで痛感した“勝負勘”の欠如。W杯へ向けての“FW”としての決意 2013.06.25

コンフェデでイタリア、メキシコを相手に得点をあげた岡崎慎司。全敗の日本代表において気を吐いた存在だったが、彼の口から語られたのは課題だった。コンフェデで痛感した日本に足りない部分、そしてW杯までの自身の決意とは?

イタリアを下し1位通過を決めたブラジル。盤石に見える王国に隙はあるか?

イタリアを下し1位通過を決めたブラジル。盤石に見える王国に隙はあるか? 2013.06.25

コンフェデ3戦目のイタリア戦を4-2でものにし、グループステージ首位通過を決めたブラジル。ネイマール、そしてついに覚醒したフレッジの活躍で攻撃陣は好調だ。しかし、イタリアに攻め込まれる場面があるなど課題も残った。

新着記事

FChan TV

↑top