データアナリストの眼力

「ところが一転、驚愕の変貌を遂げた」。川崎フロンターレ、“止めて蹴る”の終焉…開幕戦で披露した姿とは?【データアナリストの眼力(3)】

“異端のアナリスト”庄司悟は3/8発売の『フットボール批評issue31』で、J1・J2・J3全クラブのコンセプトを信条である「一枚の絵」で浮かび上がらせた。今回は発売に先駆けてJ1開幕戦(川崎フロンターレ対横浜F・マリノス)を「一枚の絵」で示しつつ、早くも王者フロンターレの2021年度版コンセプトを暴いてみせた。連載全3回、今回は第3回。(文:庄司悟)

「J1は世界と真逆に進んでいる」。スプリントしなくても頂点を目指せるガラパゴスなリーグだった【データアナリストの眼力(2)】

3/8発売『フットボール批評issue31』から、最先端の戦術コンセプトを独自の分析で一枚の絵に表現してきた“異端のアナリスト”庄司悟氏の連載より、Jリーグ各クラブのコンセプトを浮き彫りにしてみせた「フットボールの主旋律」を発売に先駆けて一部抜粋して全3回で公開する。今回は第2回。(文:庄司悟)

浦和レッズに「ロドリゲス監督は合わない」。コンセプトマップが浮き彫りにしたJリーグ驚愕の真実とは?【データアナリストの眼力(1)】

3/8発売『フットボール批評issue31』から、最先端の戦術コンセプトを独自の分析で一枚の絵に表現してきた“異端のアナリスト”庄司悟氏の連載より、Jリーグ各クラブのコンセプトを浮き彫りにしてみせた「フットボールの主旋律」を発売に先駆けて一部抜粋して全3回で公開する。今回は第1回。(文:庄司悟)

ハリルJに必要な人材。「持たされること」への懸念。パッキングポイントという評価軸【データアナリストの眼力】

12月9日から始まるE-1選手権に向けて準備を進めているハリルジャパン。11月の欧州遠征ではブラジル、ベルギーといった強豪を相手に苦戦を強いられたが、本大会に向けた課題はどのようなものだろうか。ハリルホジッチ監督が日本代表チームに落とし込もうとしているコンセプトを踏まえ、データアナリストの庄司悟氏が分析する。(分析:庄司悟/取材・文:中山佑輔)

驚きではない本田&香川外し。ハリルの思惑と欧州遠征の注目ポイント【データアナリストの眼力】

11月の代表ウィークでは欧州遠征を実施している日本代表。ロシアW杯本大会に向け強豪国を相手にした貴重な2試合となるが、どのようなゲーム運びを見せるだろうか。メンバー発表時の記者会見でヴァイッド・ハリルホジッチ監督が発した言葉と試合における数値データから指揮官の思惑を読み解き、ブラジル戦、ベルギー戦を展望する。(分析:庄司悟/取材・文:中山佑輔/データ:STATS社調べ、共同通信デジタル提供)

日本代表は本当に“守備的”だったのか。データが明らかにするオーストラリア戦の真実【データアナリストの眼力】

10月11日、ワールドカップアジア最終予選のオーストラリア戦に臨んだ日本代表。グループ最強の敵と目されるチームを相手にアウェイで引き分け、勝ち点1を獲得した。ボール支配率で日本がオーストラリアを下回ったためか、「主導権を握られた」「守備的だった」という悲観的な見方もあったが、データアナリストの庄司悟は異論を唱える。(分析:庄司悟/文:中山佑輔)

アトレティコが体現する最先端。シメオネが構築した“ポゼッション放棄”のゲーム支配【データアナリストの眼力】

CL準々決勝で前回王者のバルセロナを下したアトレティコ・マドリー。ボールポゼッションこそ相手に譲っていたが、“ロヒブランコ”が見せた効果的なプレッシングと精度の高い攻撃は新時代のサッカーを予感させるものでもあった。闘将シメオネ率いるアトレティコのすごさはどこにあるのか、データアナリストが数値データから紐解く。(分析:庄司悟/文:中山佑輔)

“打たせる”守備も一つのプラン。被シュート数から見る、Jクラブの守備スタイル【データアナリストの眼力】

ひとえに「守備が堅い」チームと言っても、各チームはそれぞれに独自のプランを持ちゲームに臨んでいる。ではその守備のスタイルはどのように区別できるだろうか。被シュート数と失点数をパラメーターに、Jクラブの守備を分類した。(分析:庄司悟/文:海老沢純一)

CLラウンド16展望。注目は、最先端をいく“ハイブリット型”対決、バイエルン対ユーベの一戦【データアナリストの眼力】

2月16日から再開したUEFAチャンピオンズリーグ。走行距離とパス本数をもとに、各チームのプレースタイルを4つに分類し、ラウンド16第2週の見どころをプレビューする。(分析:庄司悟)

CLラウンド16展望。“技術重視”のPSGとレアルは“世渡り上手”を打ち破れるか?【データアナリストの眼力】

2月16日から再開するUEFAチャンピオンズリーグ。走行距離とパス本数をもとに、各チームのプレースタイルを4つに分類し、ラウンド16第1週の見どころをプレビューする。(分析:庄司悟)

データが提示する厳しい現実。Jリーグの試合に“迫力”がない理由【データアナリストの眼力】

昨シーズンからJリーグでトラッキングデータが公開されるようになった。各節終了後に選手それぞれのスプリント数、走行距離が発表されているが、このデータをブンデスリーガのものと比較すると、驚愕の事実が明らかになった。(データ分析:庄司悟)

新着記事

↑top