ウォルバーハンプトン

0324Driblle_getty

今、欧州最高のドリブラーは誰だ? 5大リーグドリブル成功数ランキング1~5位。圧巻の118回! メッシを上回るモンスター級のアタッカーとは…(3月版)

欧州5大リーグで今季最もドリブルを決めているのは誰なのか。今季の欧州5大リーグ(イングランド、スペイン、イタリア、ドイツ、フランス)におけるリーグ戦のゴール数を集計。今季のゴール数をランキング形式で紹介する。※データは『whoscored』を参照。2021年3月23日時点。ゴール数が並んだ場合は出場時間で順位を決定

0301Leeds

最も使われているシステムはどれだ? サッカーフォーメーション人気ランキング6~10位。狂気の男が好む独特な布陣は?

サッカーには様々なフォーメーションが存在している。陣形によって様々な特徴があり、同じ並びでも10クラブあれば10通りの戦い方が存在する。今回は、データサイト『Whoscored.com』の集計を元に、欧州5大リーグ(プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、ブンデスリーガ、リーグ・アン)で使用されたフォーメーションを分析。最も多く使用されているフォーメーションをランキング形式で紹介する。(データは2月25日時点のもの)

ロブ・ホールディング

アーセナルが「4人目」の交代を行なった理由とは? プレミア&Jリーグで初適用、脳しんとう発生時の新ルールを知る【コラム】

プレミアリーグ第25節が現地21日に行われ、アーセナルはマンチェスター・シティに0-1で敗れた。この試合では、アーセナルが今季初めて「4人目」の交代枠を使った。脳しんとうや頭部外傷のリスクを考慮した新しい交代ルールが試験導入されて以降、プレミアリーグでは初の適用事例となった。(文:舩木渉)

南野拓実

南野拓実の最悪なデータ…相変わらず脅威ではなかった。試合に与える影響が少ないという問題【分析コラム】

プレミアリーグ第24節、サウサンプトン対ウォルバーハンプトンが現地時間14日に行われ、1-2でアウェイチームが勝利している。敗れたサウサンプトンはこれでリーグ戦6連敗。2試合連続でスタメン起用された日本代表MF南野拓実も沈黙してしまった。(文:小澤祐作)

20210129_iseki_getty

20/21シーズン最高額移籍は誰だ? サッカー移籍金ランキング11~15位。リバプールの救世主だったはずの男とは…

主に夏と冬の2回に渡って選手の移籍市場が開き、選手の移籍に伴って毎年のように巨額の移籍金が動いている。今回フットボールチャンネル編集部は、20/21シーズンに高額な移籍金で移籍した選手をランキング形式で紹介する。※移籍金はデータサイト『transfermarkt』を参照、成績は1月28日時点、金額は現在のレートで統一

0113Value81_90_getty

世界最高額は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング81~90位。兄弟で同じ価格に! 144億円だったデンベレは今…【2021最新版】

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いサッカー選手は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※成績は1月12日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

20201216_chelsea_getty

チェルシー、不調の原因はどこに? ジルー中心で輝けないヴェルナー、現状打破へ変化は必須【分析コラム】

プレミアリーグ第13節、ウォルバーハンプトン対チェルシーが現地時間15日に行われ、2-1でホームチームが勝利している。首位トッテナムにプレッシャーを与えたかったチェルシーだが、ここに来てまさかの連敗。変化を加える必要があるかもしれない。(文:小澤祐作)

1208Gimenes_getty

そして、ウォルバーハンプトンはどう変わった? 絶大すぎる名手たちの存在感【謀略家ヌーノという男・後編】

「プレミアリーグ謀略者たちの兵法」と題してプレミアリーグの監督たちを特集した12/7発売『フットボール批評issue30』から、2年連続でプレミアリーグ7位に導き、2019/20シーズンにはペップ・グアルディオラ監督のマンチェスター・シティ相手にダブルを達成したウォルバーハンプトンを率いる監督ヌーノ・エスピーリト・サントにポルトガル人記者が迫った記事を、一部抜粋して前後編で公開する。今回は後編。(文:ジョゼ・フレイタス)

1208Nuno_getty

驚異のチームがある。多くが22歳未満、まるでポルトガルのチーム…ウォルバーハンプトンの哲学に迫る【謀略家ヌーノという男・前編】

「プレミアリーグ謀略者たちの兵法」と題してプレミアリーグの監督たちを特集した12/7発売『フットボール批評issue30』から、2年連続でプレミアリーグ7位に導き、2019/20シーズンにはペップ・グアルディオラ監督のマンチェスター・シティ相手にダブルを達成したウォルバーハンプトンを率いる監督ヌーノ・エスピーリト・サントにポルトガル人記者が迫った記事を、一部抜粋して前後編で公開する。今回は前編。(文:ジョゼ・フレイタス)

新着記事

↑top