ニコラ・ぺぺ

アーセナル自滅。屈辱のホーム4連敗でエメリ解任時を想起…ジャカの愚行が破滅への引き金に?【分析コラム】

現地13日にプレミアリーグ第12節が行われ、アーセナルはバーンリーに0-1で敗れた。グラニト・ジャカが愚かな暴力行為で退場処分を受け、キャプテンはオウンゴールで決勝点を献上。あまりに散々な敗戦に、不穏な空気を感じた。ミケル・アルテタ監督の時代は終焉に向かいつつあるのだろうか。(文:舩木渉)

アーセナル、最低最悪なペペの愚行は…。今季ワーストゲームで消えたオーバメヤンの良さ【分析コラム】

プレミアリーグ第9節、リーズ・ユナイテッド対アーセナルが現地時間22日に行われ、0-0のドローに終わっている。ニコラ・ペペの退場で10人となったアーセナルはなんとか勝ち点1を拾ったが、攻守両面で良いところなく90分間を過ごした。今季ワーストゲームと言わざるを得ない。(文:小澤祐作)

アーセナル、“Bチーム”の完勝に重要な意味あり? 5分で決着…若手やサブ組がチャンスに奮起【EL】

UEFAヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第2節が現地29日に行われ、アーセナルはアイルランド王者のダンダークに3-0で快勝した。ミケル・アルテタ監督は普段出番の少ない選手たち中心のメンバーを送り出したが、彼らは見事に起用に応えるパフォーマンスを披露した。この試合の采配から、今季のアーセナルにおけるチーム作りの方向性が見えてきそうだ。(文:舩木渉)

コートジボワール代表って誰がいるの? 現在のスタメン、フォーメーションは? 攻撃陣は超強力、新体制で19歳の逸材も台頭

コートジボワール代表は現地13日に、オランダで日本代表との国際親善試合に臨む。今年3月に就任したばかりのパトリス・ボーメル監督にとっては、新体制2試合目のテストの場だ。アフリカ屈指のタレント軍団には3-4-3が導入され、チームは新たな一歩を踏み出そうとしている。そんなコートジボワール代表の現在の主力メンバーをポジションごとに紹介していく(成績は2020年10月12日時点)。

アーセナルの希望の星になるのは? アルテタ指揮下で復活の兆し…屈辱の1年から新時代の幕開けへ【19/20シーズン総括(10)】

新型コロナウイルスという未曾有の脅威によって2度目の夏を迎えることになった、欧州の長い2019/20シーズンがようやく閉幕した。トラブルに見舞われ、新たな様式への適応も求められながら、タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な目標を掲げていた各クラブの戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回はアーセナルの1年を振り返る。(文:編集部)

新着記事

↑top