藤枝MYFC

Jリーグ

J1、J2、J3今節の見どころは? ヴィッセル対コンサドーレは打ち合い必至! J2では注目の上位対決も【編集部フォーカス】

明治安田生命Jリーグは今週末、J1第25節、J2第30節、J3第21節を迎える。徐々に勝ち点差は広がり、勢力図ができつつあるが、リーグはまだまだ続く。今節はどのような対戦カードが組まれているのか。注目試合や選手、見どころをピックアップした。

20190803_eyecatch_getty

J1、J2、J3今節の見どころは? ポーランド人GK対決の実現なるか。レイソルは怒涛の8連勝を目指す【編集部フォーカス】

明治安田生命Jリーグは今週末、J1第21節、J2第26節、J3第19節を迎える。徐々に勝ち点差は広がり、勢力図ができつつあるが、リーグはまだまだ続く。今節はどのような対戦カードが組まれているのか。注目試合や選手、見どころをピックアップした。

20190622_jleague_getty

J1、J2、J3今節の見どころは? ガンバとベルマーレ、下位対決を制すのは? J2では9年ぶり開催のダービーも【編集部フォーカス】

明治安田生命Jリーグは今週末、J1第16節、J2第19節、J3第13節を迎える。徐々に勝ち点差は広がり、勢力図ができつつあるが、リーグはまだまだ続く。今節はどのような対戦カードが組まれているのか。注目試合や選手、見どころをピックアップした。

20190615_jleague_getty

J1、J2、J3今節の見どころは? ヴィッセルの“初陣”に注目! J2では白熱必至の首位攻防戦も【編集部フォーカス】

明治安田生命Jリーグは今週末、J1第15節、J2第18節、J3第12節を迎える。徐々に勝ち点差は広がり、勢力図ができつつあるが、リーグはまだまだ続く。今節はどのような対戦カードが組まれているのか。注目試合や選手、見どころをピックアップした。

190516_icatch_getty

J1、J2、J3今節の見どころは? “メッシ対決”は実現なるか。興味深い経歴のJ3リーガーも【編集部フォーカス】

明治安田生命Jリーグは今週末、J1第12節、J2第14節、J3第9節を迎える。徐々に勝ち点差は広がり、勢力図ができつつあるが、リーグはまだまだ続く。今節はどのような対戦カードが組まれているのか。注目試合や選手、見どころをピックアップした。

宮崎幾笑 山根永遠 奥抜侃志 前川黛也 川島將

難しすぎる名前のJリーガー5人。勝手に想像!その名に込められた意味とは?(1)【編集部フォーカス】

時代が進むにつれてどんどんとバリエーションが豊かになってきた人の名前。いわゆる“キラキラネーム”と呼ばれる名前だけでなく、常識を覆すような珍しい名前や、単純に読解が困難な漢字が用いられる場合も多数存在する。今回は珍しい名前をもつJリーガーを5人集め、漢字の読み方や意味から名前に込められた意味、思いを勝手に想像した。読み方の難易度を5段階に分けたので、クイズとしてもどうぞ!(※漢字の読み方は主に新漢語林を参照。大辞泉を参照した場合はその都度記載します)

パク・イルギュ

マリノスGKパク・イルギュが開いた夢の扉。地域Lも経験した29歳の挑戦、不断の努力が実ったJ1初舞台

今季、横浜F・マリノスに加入したGK朴一圭(パク・イルギュ)は異色のキャリアの持ち主だ。昨季までFC琉球に在籍しJ3優勝&J2昇格に貢献したが、それ以前には地域リーグでのプレーも経験している。29歳で初めてJ1の舞台に立った叩き上げ守護神が歩んできた道のりは、日本サッカー界にとってどんな意味を持つのだろうか。(取材・文:舩木渉)

アンケートに協力してくれたイタリア人たち

イタリア人70人が選ぶ!Jリーグユニホーム総選挙<総合編>ついに総合順位が確定! 栄冠に輝くのは?【編集部フォーカス】

明治安田生命Jリーグ 2019シーズンが遂に開幕した。今季のJリーグには、J1、J2、J3合わせて56つのユニホームが存在する。そこで今回は、おしゃれなイメージのあるイタリア人(18歳〜58歳の男女70人)を対象に、Jリーグ・ユニホーム総選挙を行った。贔屓目などなく平等に、イタリア人の美的感覚、センスなどの観点から56チームの中から選ばれた11つのユニホーム。イタリア人の心を掴んだのはどのチームのユニホームだったのだろうか? (取材:浜川絵理【イタリア】)

アンケートに協力してくれたイタリア人たち

イタリア人70人が選ぶ!Jリーグユニホーム総選挙<J3編>。おしゃれ大国を唸らすイケてるクラブは?【編集部フォーカス】

明治安田生命Jリーグ 2019シーズンが遂に開幕した。今季のJリーグには、J1、J2、J3合わせて56つのユニホームが存在する。そこで今回は、おしゃれなイメージのあるイタリア人(18歳〜58歳の男女70人)を対象に、Jリーグ・ユニホーム総選挙を行った。贔屓目などなく平等に、イタリア人の美的感覚、センスなどの観点から選ばれたユニホーム。果たしてイタリア人の心を掴んだのはどのチームのユニホームだったのだろうか? 今回は、J3の16チーム(※J3に所属するガンバ大阪U-23とセレッソ大阪U-23は、J1チームと同じユニホームを着用しているため、対象外)のうちトップ5に選ばれたユニホームを紹介する。 (取材:浜川絵理【イタリア】)

20170319_vathanaka_getty

J3藤枝、J初のカンボジア人選手獲得に秘める狙い。“国民的スター”とともに見据える東南アジア戦略

Jリーグ史上初のカンボジア人選手となったチャン・ワタナカ。日本代表とも対戦したこともある国民的スターがJ3の藤枝MYFCに加わったことで、カンボジア国内でのクラブの知名度は向上した。クラブの東南アジア戦略において、ワタナカは重要な存在となりそうだ。(文:宇佐美淳【ホーチミン】)

新着記事

FChan TV

↑top