フットボールチャンネル

フォーカス 3週間前

成長できていない…? レンタル先で苦しんでいるJリーグの逸材6人。武者修行に出るも不遇の男たち

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

Jリーグ 最新ニュース

今季もJリーグでは多くの若手選手がレンタル移籍で自身の成長を求めている。ここで活躍し、来季は所属元で主力というシナリオが理想的だが、当然ながら全員がうまくいくわけではない。今回は、早くもレンタル先で苦しんでいるJリーグの逸材選手を6人紹介する(スタッツは5月9日時点のデータサイト『transfermarkt』を参照)。


FW:中島大嘉(なかしま・たいか)

中島大嘉
【写真:Getty Images】

生年月日:2002年6月8日
保有元クラブ:北海道コンサドーレ札幌
レンタル先クラブ:藤枝MYFC(J2)
今季リーグ戦成績:6試合0ゴール0アシスト

JリーグはDAZNが全試合独占配信!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


「和製ハーランド」と呼ばれた大型ストライカーは、思い描いた成長曲線を描けずにいる。

 2021年に北海道コンサドーレ札幌へ加入したFW中島大嘉は、デビュー戦となったYBCルヴァンカップ・アビスパ福岡戦で早速ゴール。3-2と乱打戦となった試合で、チームの勝利に大きく貢献した。

 その魅力は、やはり身長188㎝の恵まれた体格を活かしたダイナミックなプレーにある。大きなストライドのスプリントでゴールに猛然と迫るシーンや、セットプレーで打点の高いヘディングからゴールネットを揺らすシーンも見ものだ。「デカくて、速い」という特徴から、そのプレースタイルをノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(マンチェスター・シティ)に例えられている。

 そんな規格外のストライカーになりうる素質を持った中島だが、伸び悩んでしまっている。昨季は名古屋グランパスへのレンタル移籍を経験し、良いプレーを見せた試合はあったものの、大爆発には至らず。今季からは心機一転、J2に所属する藤枝MYFCへレンタル移籍することを決断した。だが、今のところルヴァンカップでの1ゴールのみで、リーグ戦ではゴールを奪えていない。

 スコアレスドローに終わった第1節V・ファーレン長崎戦以外は、中島が出場したリーグ戦は全て藤枝が敗北を喫しており、良い流れを掴めていないように見える。出場時間が短くなれば当然とも言えるがシュートを打つ場面が少なくなり、徐々にゴールから離れる時間が長くなってしまった。

AFC U-23アジアカップ2022にも出場した中島はパリ五輪世代のエースストライカー候補であったが、現在は細谷真大(柏レイソル)にそのポジションを譲っている。ライバルとの差はかなり広がっているが、まだ21歳と若くポテンシャルは十分にある。まずはリーグ戦でゴールネットを揺らし、徐々に出場時間を伸ばしていきたいところだ。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top