ワルテル・マッツァーリ

20141116_mancini_getty

求められる「インテリスモ」。監督交代のインテル、マッザーリ解任の2つの理由とマンチーニに課せられた責任

長友佑都が所属するインテルが監督交代に踏み切った。ワルテル・マッザーリは14年の監督キャリアで初となる解任。後任には、かつてクラブを栄光に導いたロベルト・マンチーニが帰還した。

衰退のインテルとミラン。ブーイングを浴びるマッツァーリ、会長介入に惑わされるインザーギ。共通するのは深刻な経済難

衰退のインテルとミラン。ブーイングを浴びるマッツァーリ、会長介入に惑わされるインザーギ。共通するのは深刻な経済難

かつては世界のトップを争ったインテルとミラン。しかし、ファイナンシャル・フェアプレー導入後は衰退の一途を辿っている。ピッチ内外で混乱する現状から抜け出すために必要なこととは?

守備面での安定感が光る長友、サッスオーロ戦7-0圧勝に貢献。地元紙も高評価で指揮官の信頼も掴む

守備面での安定感が光る長友、サッスオーロ戦7-0圧勝に貢献。地元紙も高評価で指揮官の信頼も掴む

インテルが7-0で圧勝したセリエA第2節サッスオーロ戦。長友は右ウイングバックで先発し、攻撃面でのアピールは少なかったものの守備面で抜群の安定感を見せ、地元紙は高い評価を下した。

絶対に負けられないラツィオ戦で汚名返上したインテル。長友に受け継がれるサネッティの飽くなき向上心

絶対に負けられないラツィオ戦で汚名返上したインテル。長友に受け継がれるサネッティの飽くなき向上心

クラブを長く支えたサネッティの引退。インテルの象徴とも言える存在との別れとなったラツィオ戦は絶対に落とせない試合だった。今季、あまり調子の上がらなかったインテルだが、この試合では汚名返上とばかりに躍動。偉大なるキャプテンをしっかりと送り出した。

20140407_nagatomo

長友の判断も裏目に、監督もサジ投げた不運。インテルに何が足りないのか?

ホームでのボローニャ戦をドローで終えたインテル。内容では圧倒しながらも不運な形での失点が続き、PKも失敗。何か見放されているようだ。一体、何が足りないのだろうか。

新着記事

↑top