桑村健太

兵庫県西宮市出身の大卒1年目。Goal日本語版ではJリーグを中心に取材しており、コリーでは欧州サッカーのデータを担当中。スカパー!主催のサッカーのクイズ大会で2大会連続準優勝しており、文化や側面としてのサッカーの魅力を訴求する。Twitterアカウントは@kuwaken0607

「誠実さ」と「熱さ」と「ゴンらしさ」と。インタビュアー・中山雅史に見たサッカー解説者の未来

6-0と快勝を収めたホンジュラス戦。ハビエル・アギーレ監督は多くの収穫を手にしたが、日本サッカー界にとってもう1つの重要な収穫があった。この試合で試合後のインタビュアーを務めた中山雅史氏は高い技量を披露した。

UEFAの戦略? デキレース? マンCをめぐる「CL抽選操作騒動」のカラクリに迫る

チャンピオンズリーグ抽選会では、毎年のように「意図的な操作」が噂される。それは真実なのだろうか? 検証の結果、UEFAによるしたたかな戦略が浮かび上がってきた。

セレッソ大阪通訳“ガンジーさん”が語るフォルランの素顔。卓越した言語力と日本文化への思い

ディエゴ・フォルランの通訳を務める“ガンジーさん”こと白沢敬典氏。『フットボールサミット第24回 美しく危険な男 フォルラン』では、ときにはファンからサインを求められることもあるというセレッソ大阪の名通訳に、「相棒」フォルランについて語ってもらった。

まさかの低迷セレッソ、新監督はドイツ生まれのイタリア人。ポゼッションからプレッシングへ、対極なサッカーへの変化で再浮上なるか

3シーズンぶりのACL出場を果たし、フォルランの加入によって開幕前には優勝候補に挙げられていたセレッソ大阪。しかし、長引く成績不振によってポポヴィッチ監督は解任。予想外の監督交代を強いられる中、柿谷もバーゼル移籍を決めた。ペッツァイオリ新監督はどのような変化をもたらすのだろうか?

堅守だが意外な脆さも。勝利必須のギリシャ戦、攻略のカギはどこに? ポイントは遠藤の先発復帰

勝利が必須となったW杯第2戦、ギリシャ戦。まずギリシャがどんなチームであるのか分析する必要がある。堅守と言われているが、具体的にどこが強く、脆さはどこにあるのか? そして日本が攻略するためのポイントはどこにあるのか?

ヤバいぞ、ボスニア! 欧州最強2トップ擁する圧巻の超攻撃的スタイル。今大会唯一の初出場国の正体に迫る

ボスニア・ヘルツェゴビナについてどんなことを知っているだろうか。ブラジルW杯唯一の初出場国は、オシム氏の関係で波乱の軌跡は多く報じられたが、チーム自体の情報は少ない。未知の国のスタイルは驚くほどの超攻撃的。注目に値するチームだ。

なんと選択肢は“7ヶ国”。無名の存在からついにW杯へ。マンU若手ヤヌザイの激動の一年

今季、マンチェスター・ユナイテッドで輝きを放ったヤヌザイ。香川とポジションを争ったことから名前を覚えている人も多いことだろう。実は、彼の出自は非常に特殊で複数の代表を選択することができた。その中で、彼が選んだのはベルギー。無名の若手はたった一年でW杯の切符を掴んだのだった。

無観客試合後、浦和社長・記者会見全文。報道されなかった質疑「なぜ名前を公表しない?」

無観客試合終了後、浦和レッズの淵田敬三社長は記者会見を開いた。だが、そのすべてが報道されたわけではない。今メディアに出ているのは一部のみだ。ここに全文を掲載する。報じられなかった重要な質疑も含まれている。

虚無感に包まれた埼玉スタジアム。無観客試合によって再認識したJリーグの魅力と進むべき道

Jリーグ史上初の無観客試合となったJ1第4節の埼玉スアジアム。試合当日のスタジアムの様相は? 原口元気が感じた違和感、対戦相手となったアフシン・ゴトビ監督の思いとは? この事件が与えたJリーグ、日本サッカー界への影響は?

セレッソ大阪、2014補強診断。“フォルラン+柿谷”最強コンビで見えたJ1初制覇への道筋

フットボールチャンネルでは、Jリーグ開幕に向けて、Jクラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。フォルラン獲得で大きな話題を呼んだセレッソ大阪を占う。

これもフォルラン効果――。セレッソ選手たちが受ける“いい刺激”。山口「みんな簡単にはポジション渡さない」

日本のサッカーファンが衝撃を受けたディエゴ・フォルランのセレッソ加入。選手たちはどう思っているのだろうか。練習場で生の声を聞いた。スター選手のJ参戦をポジティブにとらえつつも、いい刺激を受けているようだ。

日本に敗れ、急降下した“赤い悪魔”の評価。ベルギー代表は本当に強いのか?

タレントが揃い、ブラジルW杯でも好成績が期待されるベルギー。しかしここにきて評価が落ちている。2013年最後の連戦を2つ落とし、特に日本代表が勝利したことで「本当に強いのか?」と懐疑的に思う人がいても不思議ではない。果たして“赤い悪魔”は強いのか、弱いのか。

内田を超えた?“セレ女”に聞く、柿谷曜一朗が愛される3つの理由

今や飛ぶ鳥を落とす勢いで人気が急上昇の柿谷曜一朗。彼がここまで愛される理由はどこにあるだろうか。もちろんプレー面もあるだろうが、それだけではなさそうだ。サッカー界で話題の“セレ女”に取材し、その理由を探った。

日本代表、Jクラブの広報戦略に満足していますか? ベルギー代表に学ぶ正しい「Youtube」の使い方

日本代表との対戦を控えるベルギー代表。タレントを抱える強豪であるが、彼らの広報戦略は実に優れている。誰でも無料で閲覧できるYoutubeを活用し、選手たちのさまざまな姿をとらえることで、ファンと絆をつくっていっている。

11月に日本と対戦。FIFAランク5位、ベルギー代表の強さとは?

11月19日に日本代表が戦うベルギー代表。しばらく低迷していた時期もあったが、ここ最近めきめきと実力をあげ、W杯予選も突破。ビッグクラブのエース格が揃い、本大会で優勝候補にあげられることもある。ベルギー代表とは一体どのようなチームなのか?

新着記事

↑top