嫌韓なウルトラ、李獲得での波紋。浦和レッズ“差別行為”問題、火種を放置した罪深きクラブ

浦和レッズはクラブとして今回のような差別行為が起こることを予期し、未然に防げた可能性は十分にある。なぜなら、ウルトラには嫌韓の性質があり、新加入への李忠成へのブーイングもあったからだ。クラブは本当に変わることができるだろうか。

2014年03月15日(Sat)8時51分配信

text by 加部究 photo Asuka Kudo / Football Channel
Tags: , , , , ,

嫌韓な浦和のウルトラ。既に火種はあった

当該サポの無期限入場禁止など、浦和レッズが“差別行為”認め処分。問われる今後の姿勢
【写真:工藤明日香 / フットボールチャンネル】

『月刊浦和レッズマガジン』3月号で、ライターの青山鼓氏が、サポーターグループ「URAWA BOYS」の初代リーダーの相良純真氏にインタビューをしている。次のようなくだりがある。

――李(忠成)はどうですか?
「浦和のウルトラは韓国が嫌いだからね。ウチの歴史にはないことだから、最初はいろんな反応が渦巻くと思う。昔はチョウ(キジェ)さんがいたけれど、今ほど嫌韓の雰囲気はなかったからね。クラブのスタッフが本人(李)に伝えているそうだけど、本人が相当の覚悟を持って浦和に来るということは僕も感じるんだよね」

 このコメントは元サポーターグループのリーダーが、ウルトラが韓国を嫌っていて、李を獲得すれば波紋を呼ぶことを示唆している。またクラブ側も李にそれを伝えたと話しているのだ。つまり浦和レッズ関係者にとって、今回の差別問題は青天の霹靂ではない。

 既に火種があることを知っていて何も手を打たず、必然的に事件は起こった。しかも試合途中で横断幕を撤去もせずに、さらに穏便に済ませようとした経緯までが透けて見える。

 横断幕を掲げた当事者から事情を聴いたという淵田敬三社長は、「差別する意識はなかったと話している」とリーグに報告したそうだ。しかし彼らが明白な差別意識が抱いていたことは、誰よりもクラブ関係者が知っていたはずで、それは上記のコメントから読み取れる。

 いったい浦和レッズは、何を最優先に守ろうとしたのだろうか。

1 2

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top