W杯開幕戦、西村主審は誤審をしたのか?“大会第1戦”の意味とクロアチア監督が批判した理由

ブラジルW杯開幕戦、ブラジル対クロアチア。開催国が勝利した試合で疑惑の判定が出た。裁いたのは日本人の西村雄一氏。試合後には誤審という批判もあったが、果たして本当に誤審だったのか?

2014年06月13日(Fri)14時04分配信

text by 植田路生 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

フレッジはわざと倒れていたように見えたが…

W杯開幕戦、西村主審は誤審をしたのか?“大会第1戦”の意味とクロアチア監督が批判した理由
PKを与えた判定に、クロアチア側は西村主審に対し猛抗議【写真:Getty Images】

 世界中が注目していたブラジルW杯開幕戦。地元ブラジルの相手はクロアチア。ホームで圧倒的な声援を受けたブラジルはオウンゴールで先制を許すも、その後3得点。逆転勝ちした。

 この試合、話題になったのはブラジルの2点目。これはネイマールがPKを蹴りこんだもの。PKを与えた判定に、クロアチア側は猛抗議。試合後も主審を務めた西村雄一氏の誤審ではないのか、という意見が多数出た。

 私はこの判定は誤審だとは思わない。確かに倒されたブラジルのFWフレッジはわざと倒れこむようなずる賢いプレーをしていた。だが、倒したクロアチアのDFロブレンの手がフレッジにかかっていたのも事実。映像を見返すと、腕を掴んで妨害しているのが分かる。

 ルール上は何ら問題がない。フレッジのシミュレーションとも言えるが、ロブレンに腕を掴まれたことにいち早く気付き、上手く“倒れた”プレーだった。あれで笛を吹かないレフェリーもいるだろうが、PKとしたところで、「誤審だ!」と批判するのはナンセンス。

 ジャッジの基準は国や大会によって異なる。あのプレーは、イングランド・プレミアリーグであればノーファウル。むしろ倒れたフレッジに主審が「立ちなさい」とジェスチャーしていただろう。

 試合中、西村主審は何度も選手たちに注意をしていた。正確なことは本人に聞かないと分からないが、通常だとこのような注意は「ここまでやったらファウル」「気をつけなさい」といったものだ(FIFAのルールで審判への接触は禁じられているため、事の顛末は大会後に取材するしかないだろう)。

 にもかかわらず自身がプレーするプレミアリーグのように腕を掴んでしまったロブレンは少々不用意とも言える。ギリギリのところで体を張らなくては守れないので、間違ったプレーとも言えないわけだが。

1 2

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top