G大阪MF遠藤、あわやOGの丹羽を擁護「サポートしていればあのプレーはなかった」

2015年11月28日(Sat)21時42分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

20151128_endo_getty
遠藤保仁【写真:Getty Images】

 明治安田生命Jリーグチャンピオンシップ準決勝が28日に行われ、延長戦の末、ガンバ大阪が3-1で浦和レッズを下した。G大阪は決勝戦でサンフレッチェ広島と対戦する。

 延長後半に2点を追加したG大阪だが、藤春廣輝のゴールの直前にはまさかの”ピンチ”があった。

 自陣でボールを持った丹羽大輝がGKにバックパスを送る。しかしこれが絶妙なループシュートになってしまい、危うくオウンゴールを記録するところだった。幸いにもポストに当たって事無きを得たこの場面について、遠藤保仁は「入っていれば歴史に残るゴールだったかなと(笑)」と冗談めかして話した。

 結果的には直後にカウンターからゴールを奪い、終盤にもパトリックが加点して勝利したが、オウンゴールになっていたら浦和がそのまま逃げ切っていたかもしれない。

 遠藤は「勝ちは勝ち」としつつも、「運にも助けられた」と振り返った。

 丹羽のバックパスによるミスは避けなければならない。だが遠藤は、後ろにボールを戻さなければならなかった状態を問題視する。

「丹羽が持った時点でもっといいサポートをしていればあのプレーは生まれなかったと思う。そのへんは僕らの修正しないといけない部分」

 ミスをミスで終わらせるのではなく、そうした局面を事前に回避する試合運びをする必要があった、ということだ。遠藤のこの言葉には、チームをさらに進化させたいという気持ちが凝縮されているように思う。

 苦しい試合を勝ち抜き、決勝に進出したG大阪。年間3位のチームではあるが、頂点に立つ可能性は十分にある。

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top