サッカーは誰のものか? サポーターを敵に回した連盟とAリーグ。豪州は“内戦状態”

11月22日、ある新聞記事が豪州サッカー界に大問題を引き起こした。試合への入場禁止処分を受けたサポーターの実名が、顔写真とともに記事内に掲載されたのだ。外部からの“嫌がらせ”に対し、豪州サッカー界はどのように戦っていくべきなのだろうか。

2015年12月08日(Tue)15時08分配信

text by 植松久隆 photo Taka Uematsu , Getty Images
Tags: , , , , , , ,

記念イベントで発表された、連盟会長の“世襲”

一つの新聞記事がもたらした危機。サポーターを敵に回した豪州連盟とAリーグ
長年にわたりFFA会長を務めたフランク・ローイ氏【写真:Taka Uematsu】

 本来であれば、2連勝に終わったサッカルーズのW杯2次予選11月シリーズのレビューと豪州サッカーのここ10年の進歩について、ポシティブな記事を書こうと思っていた。しかし、ここ数週間のAリーグ周辺の騒動を見るにつけ、さすがにこれについて書かずにやり過ごすわけにはいくまい-そう判断、急遽、今回の原稿を差し替えることにした。

 もともと11月は豪州サッカー界にとっては、良い月になるはずだった。10年前の2005年11月16日、サッカルーズは、ジョン・アロイージ(現ブリスベン・ロア監督)のPK成功で32年ぶりのW杯出場を引き寄せた。

 それから10年が経った2015年の11月16日、豪州サッカー連盟(FFA)は、そのドラマの舞台になったシドニーのANZスタジアムで、当時の代表監督フース・ヒディング、アロイージやブレット・エマートンら当時のメンバー、歴代の代表レジェンド、そして政財界の要人など約700名を迎えての記念イベントをシーズン中にもかかわらず盛大に催した。
 
 その夜は豪州サッカー界の世代交代の象徴的な夜にもなった。豪州サッカー最大の大立者であるフランク・ローイが、長年務めたFFA会長職を辞して、その職を自身の三男であるスティーブン・ローイに“世襲”。翌日のFFA理事会での正式選出に先立って、一足早く、新会長の名がお披露目されたのだった。

 長く父を補佐し、有能との評判がもっぱらのスティーブンではあるが、父から息子への世襲という前時代的な権力移譲は、FFAが“ローイ王朝”として引き継がれること、まだまだ気力溢れる父フランクの“院政”が当面は続くであろうことを印象付けた。

1 2 3 4 5

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top